デジタル製品・家電 医療・医薬・福祉

【新型コロナウイルス対策用 新製品】 非接触で体温を測定する「AIサーマルカメラ」TIT-928

ティー・アイ・トレーディング株式会社
ティー・アイ・トレーディング株式会社(本社:大田区、代表取締役:立花 隆志)は、1990年代にカメラソリューション事業に参入し、事業領域を拡大しています。 カメラソリューション事業の中で、新たに「AIサーマルカメラ」を発売開始します。今回発売する「AIサーマルカメラ」は、温度測定精度の高いサーマルカメラを用い、非接触で発熱者を検出することで新型コロナウイルスの施設内感染や集団感染の防止に貢献します。


AIサーマルカメラ


体温測定画面



 この度当社では、AIサーマルカメラを安価にご提供することにより、新型コロナウイルスなどの感染症感染拡大防止に貢献します。

 今回発売するAIサーマルカメラは、劇場やスポーツ会場、病院や学校、オフィス、工場など一度に多くの人が集まり利用する施設において、非接触で効率的に体温を測定できます。
 温度測定の誤差は±0.5度と高精度で、あらかじめ設定した以上の温度を検知した場合にはアラームにより、即座に監視者に通知できます。

 また、AI機能を搭載しているため、顔認証の仕組みを用いてマスク着用の有無にかかわらず人の顔を検知。さらに、一般的なサーモグラフィカメラとは異なり、人の額に焦点を当てた温度測定ができるため、より高精度な検出が可能です。
 同時に20人の体温計測が可能で、天井への設置だけでなく、三脚を使用して設置できるため、常設だけではなく、一時的な設置にも素早く対応できます。


■商品特長
1. 安価
2. 高精度の非接触体温計測で発熱者を検出
3. 最大20人まで同時測定可能
4. 検出基準温度はユーザーが設定可能
5. 実績



1. 安価
新型コロナウイルスの影響で多くの企業が苦しい状況にあることを踏まえ、感染症拡大防止のためにより広く使っていただけるよう同等品と比較して非常に安価な価格設定としました。

2. 高精度の非接触体温測定で発熱者を検出
従来の体温計測は、検温者が一人ずつ検温することが必要でした。
当社のAIサーマルカメラは、離れた場所(約3m)からでもカメラの前を通過することで、±0.5度の高精度で体温計測し発熱者を検出します。


3. 最大20人まで同時測定可能
AIサーマルカメラは、AIアルゴリズムを搭載したことで大勢の人が往来する場所や施設等でも、瞬時に顔を認識。
最大20名まで同時に体温計測できます。

4. アラーム基準はユーザーが設定可能
ユーザーが設定した温度よりも高い温度を検知した場合には、アラームにより即座に通知できます。


5. 既に劇場・病院などに納入実績あり
これまで公共の劇場や病院などに納入しております。詳細はお問い合わせください。


■設置場所の例
劇場、スタジアム、病院、オフィス、工場など。


■商品仕様

AIサーマルカメラ仕様表


▼商品の詳細はこちら(ティー・アイ・トレーディング 感染症対策事業 HP)
https://t-i-trading.co.jp/%e5%8f%96%e6%89%b1%e8%a3%bd%e5%93%81/thermal-camera/


【ティー・アイ・トレーディング株式会社について】
ティー・アイ・トレーディングは、「世界中の良品で日本の課題を解決する」をミッションに掲げ、日本にはない世界の優れたBtoB向け産業用資機材を世界中から見出し、輸入し、販売しています。

URL :https://t-i-trading.co.jp
所在地 : 東京都大田区大森北2ー9ー14 二島ビル2F
代表者 : 代表取締役 立花 隆志
事業内容: 産業用資機材輸入卸売事業
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)