医療・医薬・福祉 エンタテイメント

真矢ミキさんがダンスの新境地に挑戦!軽快かつ強烈なダンスで、ボルタレンの優れた効果感と“動く!よろこび”をアピール!新TVCM 『スムースダンス』篇 2019年4月6日(土)から全国でオンエア開始

グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社
有効成分ジクロフェナク(※)配合「ボルタレン」新TV‐CM


英国系製薬企業グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社(社長:シッド・シン、本社:東京都港区)は、有効成分ジクロフェナク※配合のOTC医薬品「ボルタレン」のブランドキャラクターに 女優として数々のTV番組や映画、舞台で活躍している真矢ミキさんを継続起用した、新TVCM 『スムースダンス』篇のオンエアを、4月6日(土)から全国で開始いたします。
(※)ジクロフェナクナトリウム


■新TVCM 『スムースダンス』篇について
元宝塚歌劇団花組男役トップスターである真矢ミキさんが今回も「ボルタレン」のブランドキャラクターとして ダンスを披露しています。新TVCMでは、家事・仕事・育児による体の痛みのある人々の前に“印象的なダンス″で真矢ミキさんが登場し、「ボルタレン」をお勧めします。「ボルタレン」を貼った人々が、つらい痛みから 解放され、たちまち「動く!よろこび」を実感して笑顔へ。

真矢ミキさんの“軽快で印象的”なダンスで、「ボルタレン」が肩や腰の痛みに有効であることを訴求しています。 今回監督を務めたのは、著名アーティストのミュージックビデオを数多く手がける新宮良平氏。「動く! よろこび」を表現した真矢さんのダンスはもちろん、口ずさみたくなる歌にもご注目ください。

■新TVCM 『スムースダンス』篇 ストーリー
◇ 「ボルタレン・ターイム!」というミュージカルのようなスタートとともに、家事による肩の痛みを訴える女性の前に、軽快で印象的なダンスで現れる真矢さん。
◇ 「はいっ!」と快活なポーズで、女性に「ボルタレン」を勧めます。
◇ 続いて、デスクワークで肩の痛みを訴える女性の前に現れ、再び「ボルタレン」を勧めます。
◇ 3度目はよりダイナミックなダンスで現れ、育児による痛みを訴える女性に、「ボルタレン」を勧めます。
◇ 「ボルタレン」を貼って、スッキリ快適な表情を浮かべる3人の女性たち。
◇ 女性の肩にフォーカスし、「痛みに速攻!」というナレーションとともに「ボルタレン」が痛い部分に効いていく様子をCGで表現します。
◇ 次のシーンでは、真矢さんと女性たちがバレエダンサーのように活き活きと伸びあがり、「動く!よろこび」を表現。
◇ 最後は、製品と自信に満ちた真矢さんの表情で締めくくります。

■真矢ミキさんからのコメント
今回の新TVCMでは、「動く!よろこび」を表現した、ダイナミックなダンスに挑戦しています。思わず真似したくなるような印象的な振り付けになっていますので、ぜひ注目していただきたいです。

朝の情報番組で、本番は勿論のこと、打ち合わせや反省会など、座っている時間が長いので、日頃は長めにお風呂に浸かったり、寝る前や朝起きた後にストレッチをしたりしていますが、腰の痛みや肩の張りを感じた時は「ボルタレン」を使用したいなと思っています。

今回の新TVCMは、痛みも吹き飛ぶような、見ていて楽しい仕上がりになっていると思いますので、ぜひ皆さま、お楽しみください。

■新TVCM 『スムースダンス』篇 ストーリーボード (15秒)





■真矢ミキさんプロフィール



真矢ミキ (まや・みき)
誕生日 1月31日
出身校 宝塚音楽学校卒業
血液型 O型
身長 165cm
趣味 旅行、絵
特技 歌、ダンス、日舞、バトン、作詞


芸歴
元宝塚歌劇団花組男役トップスター。1995年、「エデンの東」でトップに抜擢される。
以降、宝塚史上初である篠山紀信氏による男役の写真集や武道館コンサートを成功させるなど、独自のアイデアや今までにない自由な発想で異端性を存分に発揮し「宝塚の革命児」と話題になる。
1998年10月、宝塚歌劇団を退団。

1999年より、女優デビュー。2003年、映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 2レインボーブリッジを封鎖せよ!」で演じた女性管理官・沖田仁美役で話題となる。その後、ドラマ、舞台、映画、CM等において女優として輝き続ける。また、「理想の上司」「理想の母親」など各好感度・理想像調査等では常に上位にランクインするなど、男女問わず幅広い層より人気を集めている。

■新TVCM 『スムースダンス』篇 概要
◇ 開始日:2019年4月6日(土)
◇ 放送エリア:全国
◇ 動画URL: http://www.voltaren-ex.jp/
◇ 10桁CMコード:05HF=VL2F02

■新TVCM 『スムースダンス』篇 制作スタッフ
エム・エム・エス・コミュケーションズ株式会社 サーチアンドサーチ

※プレスリリース(PDF)は以下よりダウンロードしていただけます。
https://prtimes.jp/a/?f=d31922-20190404-1509.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会