エンタテイメント

顧客満足度1位の実績をもつメンズサロン亀田興毅をブランド広告イメージキャラクターに起用

株式会社ラクシア
CMでは亀田興毅第四子も出演?!


【亀田興毅をイメージキャラクターに起用】
CMは2018年11月に現役を引退した元プロボクシング三階級世界王者の亀田興毅が第二の人生を歩みだした「今」を描いた構成となっている。
せわしない多忙な日々に追われる男性が、本来持つ輝きや逞しさを取り戻すため前へと進んでいく。自分の今の姿を重ね合わせた亀田興毅が世の男性に向けて問いかける。「愛せるか、今の自分を」。
オープニングカット
亀田興毅
かつての闘拳は、


前人未踏の頂をその拳で掴んだのちに
躊躇なくグローブを置いた。
そして今、
無数のパンチを受けてきた肉体は、
再び躍動する。
知性という名の新たなガウンをまとい、
人生という名の新たなリングへ。

【CM制作の経緯】
「メンズラクシア」とは本来の自分自身が持つ高いパフォーマンスを蘇らせることをテーマにしたメンズサロン。代表取締役でありトップキュアピストとして現役時代から亀田興毅のコンディショニングを支えてきた岩佐由美は、「メンズラクシアでは、全ての男性が本来持つ輝きや逞しさ、自信、そして仕事や遊びを楽しめる活力のある本来の自分の姿を蘇らせることをコンセプトにしています。多忙な今でも現役時代と変わらず身体のメンテナンスには人一倍気をつかわれている亀田興毅さんの今の姿がメンズラクシアのコンセプトと重なり、CMオファーをさせていただきました」と語る。

【亀田興毅が今作へ込めたメッセージ】
「今回のCMで描かれている自分の姿は広告のためだけのものではありません。第二の人生をボクサー時代と同じように歩んでいる“亀田興毅”のリアルな姿でもあります。ボクシングで世界チャンピオンになった時と同じように、新たな世界でがむしゃらに挑戦を続けたらどこまでいけるのか、これからの人生で実際に自分の目で確かめてみたいと思います」。

【第四子が生まれていた!?】
既に三児の父親となっていた亀田興毅に昨年、第四子を授かっていたことが今作CMで明らかに。第四子が0歳にしてCM初出演し、自らの子どもとの親子共演でリアルな父としての姿も紹介されている。CMは、オフィシャルホームページ(https://luxia.jp/movie/)他にて公開。
第四子CM初出演

【メンズラクシアについて】
メンズラクシアは、独自技術『キュアトリートメント』(商標登録済み:表面のみを装う美容法やその場しのぎの施術ではなく、人間のカラダが本来持つ正常な機能をよみがえらせながら、じっくりと健美を高めていく、まったく独自のトリートメント法)を提供するサロンとして、表参道店、神宮前店、銀座店があり、その他、グループサロンとして延床面積200坪国内最大級のスパ施設『レミュースパ豊洲』や『レミュー青山本店』計5店舗を都内で展開。亀田興毅をはじめ多くのトップアスリートも通い、YouTuberの施術体験動画も300万回再生を超えるなど、そのオールハンド技術が高い評価を得ている。
特に、キュアピスト(キュアトリートメントの施術を行う技術者)の技術力は、メンズサロンカテゴリーにおけるGMOリサーチで「顧客満足度1位」・「コンディショニング1位」・「技術力1位」の三冠を獲得している。
「美容」や「エステ」という言葉では語りつくせない総合的な身体改善を、ぜひメンズラクシア直営サロンで。
“顧客満足度1位”に輝いた実績を持つメンズサロン「メンズラクシア」では、コロナ禍免疫アップキャンペーン『Resurrection Plan~復活・蘇り~』として、最大15%offさらに10万円分チケットプレゼント実施中!(7月末迄)

力強く歩き続ける亀田興毅


振り返る謎の美女
愛せるか、今の自分を。


身体に無限の可能性を「MENS LUXIA」

・メンズラクシア
株式会社ラクシア(本社所在地:〒150-0001東京都渋谷区神宮前1-10-23 フォンテーヌ原宿ビル2F/代表取締役:岩佐由美)が運営する男性向けのキュアトリートメントサロン

・店舗所在地
銀座店〒104-0061 東京都中央区銀座1-6-1 クレッセントビル5F
神宮前店〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-23 フォンテーヌ原宿ビル2F MDL
表参道店〒107-0062 東京都港区南青山5-5-4 ルーチェ南青山A棟B1階F

愛せるか、今の自分を
メンズラクシアエントランス
メンズラクシア店内
メンズラクシア外観
独自技術「キュアトリートメント」
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)