美容・健康 ネットサービス・アプリ

サブスク型マウスピース矯正「hanaravi矯正」を運営するDRIPS、ニッセイ・キャピタルより6,100万円の資金調達を実施

株式会社DRIPS
医療テック事業を展開するスタートアップ企業で、マウスピース歯科矯正サービス「hanaravi矯正」を運営する株式会社DRIPS(本社:東京都千代田区、代表取締役・医師:各務康貴、以下DRIPS)は、ニッセイ・キャピタル株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:安達哲哉、以下ニッセイ・キャピタル)を引受先とした、6,100万円の資金調達を実施しました。




資金調達の背景と目的
 「hanaravi矯正」におけるマウスピース歯科矯正は、高額な治療費によって歯科矯正を諦めていた方にも、高品質なサービスを手軽に提供したいという想いから開始したサービスです。従来のワイヤーを用いる矯正歯科治療は、完了までにかかる高額な費用がハードルとなり、8割以上の方が治療を諦めている実情があります。「hanaravi矯正」では3Dプリンターを用いてマウスピースを自社製造することで、大幅なコストダウンを実現しています。

 今回さらなるサービス拡大に向けて、バルクオム、FABLIC TOKYO、オーマイグラス、tattva等の数多くのD2C企業への投資実績のあるニッセイ・キャピタルより資金調達を受けました。今回の資金調達により、「hanaravi矯正」の本格展開に向けたプロダクトの製造拡充及びマーケティングを強化し、2年以内に15,000名の顧客への提供を目指します。

ニッセイ・キャピタル担当 飯田健登氏からのコメント
 マウスピース矯正のD2Cという業界は、米国では既に上場している会社もあり、近年日本でも盛り上がっています。その中でも、「hanaravi矯正」は医師である代表の各務氏を筆頭に、臨床経験のある医療の専門チームによって運営されており、マウスピースにおけるユーザーペインや信頼・安心に対して真摯に向き合う同社に期待し、今回投資しました。

DRIPS代表 各務康貴からのコメント
 歯並びを整えることでメンテナンスがしやすくなり口腔環境が保たれます。その結果将来的な疾病リスクや健康寿命の延伸へと寄与できることがわかっています。私は救急現場で肺炎によって亡くなる方を見て、より早期から予防につながる取り組みをできないかと思ってきました。
 神谷という日本でも有数のマウスピース歯科矯正の症例を誇る歯科医師と出会うことで、非常に高いレベルでユーザー様の見た目を整えたいというニーズに応えつつ、健康予防が提供できるというサービスの提供ができています。市場の拡大と共に粗悪な商品やサービスも出回るとは思いますが、同業他社と手を取り合い品質の担保を行いつつ、共に成長して市場を安全安心に拡大させていきます。
 リーズナブルに歯並びを整えられることで、だれでも健康な将来を過ごせる日本を実現します。今回出資いただいた資金をもとにサービスを一段と成長させていきますので、応援よろしくお願いいたします。

「hanaravi矯正」サービス概要
サービス名:hanaravi矯正
URL:https://www.hanaravi.jp/
矯正手法:2週間毎に取り換える透明樹脂製のオーダーメイドマウスピースによる矯正
月額費用:初月20,000円、2ヵ月目以降月額30,000円(税抜)
※初回のみ矯正準備セット費として3,000円(税抜)が別途かかります。
利用期間:3ヵ月~12ヵ月
目安総額:約80,000円~300,000円
※一括支払いの場合の最大価格
その他:ホワイトニング剤無料提供、LINEアカウントでのサポート。
リテーナー購入費別途1万円(税抜)。

運営会社について



会社名:株式会社DRIPS
代表者:代表取締役・医師 各務康貴
所在地:〒100-0005
東京都千代田区丸の内1丁目6-6 日本生命丸の内ビル22階
資本金:7,100万円(資本準備金含む)
URL:https://drips.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)