ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

家族介護のお悩みを解決するアプリ「CareWiz(ケアウィズ)」、「SMBCスタートアップ支援プログラム」で最優秀賞を受賞

株式会社エクサウィザーズ
~介護分野における課題解決領域への貢献を表彰~

 株式会社エクサウィザーズ(東京都港区、代表取締役社長:石山 洸、以下、エクサウィザーズ)は、家族介護のお悩みを解決するアプリ「CareWiz(ケアウィズ)」が、株式会社三井住友銀行(所在地:東京都千代田区、頭取 CEO:高島 誠、以下、三井住友銀行)が主催する「SMBCスタートアップ支援プログラム」で最優秀賞を受賞したことをお知らせします。



【受賞理由】
 ユマニチュード※1のケア技法を学べる解説動画の視聴、介護の記録、電話相談の機能に加え、AIを利活用して自治体のサポート情報の収集などができる点において、介護分野における課題解決への貢献性が高いこと、また、ビジネスとしての波及効果が高いことなどが評価され、受賞に至りました。

【SMBCスタートアップ支援プログラム】
▽概要
 SMBCスタートアップ支援プログラムは、三井住友銀行が新しいアイデアや斬新なテクノロジーを有する全国のスタートアップ企業に呼びかけ、今般の新型コロナウイルス(COVID-19)感染に関する様々な社会課題に対抗出来るサービスを持つスタートアップ企業のプロモーション支援、資金調達等をサポートするプログラムです。
 第一回目の開催となる今回は全国のスタートアップ企業から309社の応募が集まり、一次選考、二次選考、プレゼンテーション、最終選考の審査を経て、社会課題解決に向けた貢献性やプロダクトとしての完成度の高さ、ビジネスとしての波及効果の高さなどの観点から最優秀賞が選定されました。

▽SMBCスタートアップ支援プログラム サイトURL
https://steams.in/4a0bafaf-88fb-11ea-b251-9fb3f19e99c2.html?utm_source=port

【CareWiz(ケアウィズ)とは】
 「CareWiz(ケアウィズ)」は、エクサウィザーズが開発した、家族介護のお悩みを解決するアプリです。本アプリの名称には、「ケアをする人/受ける人と共に歩んでいく」という意味合いが込められており、利用者は、ユマニチュードのケア技法を学べる解説動画の視聴機能、専門資格を持つユマニチュード認定インストラクターへの電話相談窓口、AIを利活用した検索による認知症関連サービスへのアクセス機能などの利用を通じて、家族介護における様々なサポートを受けることができます。

※1:ユマニチュード(R)️とは、体育学を専攻する二人のフランス人、Yves Gineste(イヴ・ジネスト)とRosette Marescotti(ロゼット・マレスコッティ)によって作り上げられた、1979年来の歴史を持つ、知覚・感情・言語による包括的なコミュニケーションに基づいたケア技法です。「ケアをする人とは」、「人とは何者か」と問う哲学と、その哲学に基づいた実践的なテクニックから成り立っています。エクサウィザーズは、SAS Humanitude社(本社:フランス共和国、法定代理人:Yves Gineste)と提携し、日本国内で唯一、正規のユマニチュード研修を企画・運営しています。

【CareWiz(ケアウィズ)概要】
対象者 :iPhoneを利用中の方
機能  :ユマニチュードのケア技法を学べる解説動画の視聴機能、
ユマニチュード認定インストラクターへの相談機能、
介護の実践記録をつけられる日記機能、
地域の公的なサポート情報等の紹介機能 等
推奨環境:iOS13以降
利用料金:無料(2020/7/31(金)まで)
※有料化の際は事前に通知を行います。利用者の同意なく課金されることはありません。
入手方法:App Storeで「CareWiz」または「ケアウィズ」と検索してダウンロード、
またはCareWizの公式サイトにてご確認ください。
https://carewiz.ai/

【株式会社エクサウィザーズ 概要】
会社名: 株式会社エクサウィザーズ
所在地: 東京都港区東京都港区浜松町1丁目18-16 住友浜松町ビル5階
設立: 2016年2月
代表者: 代表取締役社長 石山 洸
事業内容: AIを利活用したサービス開発による産業革新と社会課題の解決
URL: https://exawizards.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)