美容・健康

【マグネシウムの力で、使う人をBeautifulに。】自宅で高純度のマグネシウム浴を楽しむ「美肌の湯(R)」が発売開始

株式会社宮本製作所
美を追求する方、小さな子供がいるご家庭、スポーツをする方、代謝を高めたい方などにお薦めしたい商品です。

 マグネシウムから新たな価値を創造する株式会社宮本製作所(本社:茨城県古河市、代表取締役社長:宮本 隆)では、”マグネシウムの力で、使う人をBeautifulに”をコンセプトとした新しい美容ブランド【Mg-B’s:マグビーズ】から「美肌の湯(R)」を、2020年7月3日(金)より、直営店 エムジーミヤモト 遠鉄百貨店(静岡県浜松市)で、限定発売いたします。





自宅で高純度のマグネシウム浴を楽しむ「美肌の湯(R)」

 新商品の美肌の湯(R)は、バスタブ(200Lの湯)に本品(50ml)を入れると、pH8.5~9.5の弱アルカリ性のお湯に変わる、純度99.9%マグネシウム含有、純マグネシウム由来の入浴用品です。(※1)
日本国内の温泉基準では、pH値8.5以上の泉質を「美肌の湯」と称する「アルカリ性単純温泉」があります。一般的に、アルカリ性の温泉は、体の汚れや、においを落とすクレンジング効果があり、お肌をやわらかく整える効果があると言われています。(※2)
純度99.9%マグネシウムと純水だけを、原料につくった美肌の湯(R)の、やさしい肌触りをおたのしみください。
(※1) 本商品を使用する前の水道水のpH値、使用環境や使用状況により異なります。本商品は、化粧品又は医薬部外品ではない入浴雑貨です。
(※2)一般的なアルカリ単純泉に対するコメントです。 美肌の湯の効果を保証する内容ではございません。





「Mg-B's」は、美をつくるミネラル”マグネシウム”の力で、あなたのBeautyをサポートする美容ブランド・シリーズ。

 マグネシウムは、人間の身体に重要な必須栄養素の一つ。健康維持はもちろん、漢字で「マグネシウム=鎂」と表されるように、「美を作るミネラル」と言える要素があります。



美を作るミネラル:マグネシウムの性質
 マグネシウムは、水の分子とくっつきやすい性質で水分を引き込む力があるため、保湿作用が高いという特徴があります。
さらに角質細胞を結合させるセラミドの合成をうながして、肌のバリア機能を強化する
作用があり、アンチエイジング(老化防止)にも役立つと言われています。(※3)
当社はこのマグネシウムが本来持つ効力に着目し、ビューティーラインの開発、販売を開始します。

(※3)横田邦信 著『専門医が教える マグネシウムがこの1冊でよくわかる』2017年現代書林
(※3)横田邦信監『医師が教える!マグネシウムのすごい力』2019年主婦の友社
(※3) マグネシウムに対する効能であり、本商品の効果を保証する内容ではございません。

商品概要





ボトルはリユース、ゴミを増やさない、優しい循環を。



皆様からお預かりしたボトルはあらためて活用いたします。
お使いいただいたあとのボトルは店舗にお持ちください。
1本につき1個スタンプを押します。スタンプが24個たまると美肌の湯を1本プレゼントします。

100名様 モニターキャンペーンについて

 発売を記念した「美肌の湯」100名様モニターキャンペーンを実施中。

*お詫び*
大変ご好評いただき、募集公開後すぐに、モニター商品の準備数を上回るご応募があったため、現在は募集を停止いたしております。申し訳ございません。

宮本製作所について

 自動車部品の加工を手がける町工場として1965年に埼玉県川口市で創業。以来、マグネシウム部品 の加工技術を磨く。2010年ごろ、マグネシウムの削りかすを入れたドラム缶にたまった雨水にボウフラが湧いていないことにヒントを得て、マグネシウムの洗浄効果を研究開発する。2013年に「洗たくマグちゃん」を製品化。一時は経営危機にも陥った町工場であったが、現在、マグネシウムを使用した生活用品メーカーとして、事業拡大中。https://miyamotoss.co.jp(コーポレートサイト)



【お問い合わせと画像の請求はこちらにお願いします】
広報担当:大崎
TEL:03-6260-8172
E-mail:prmarke@miyamotoss.co.jp
●宮本製作所コーポレートサイト   :https://www.miyamotoss.co.jp
●直販サイト「マグちゃんオンライン」:https://magchan.com
●Facebook  @miyamotoss ●Instagram  maguchan_miyamoto 
●Twitter @MagchanMiyamoto
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)