医療・医薬・福祉

日本初、オンライン医療検査・診療プラットフォーム実現へ「メディゲート」β版開発完了オンライン医療検査を家庭に提供する唯一のテクノロジー~医師による検証と協力企業の開拓をスタート~

ヘカバイオ株式会社
オンライン医療検査を家庭に提供する唯一のテクノロジー~医師による検証と協力企業の開拓をスタート~


オンラインでの医療検査ソリューションの開発に取り組むヘルスケア企業、ヘカバイオデジタルヘルス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:ヨアブ・ケイダー、以下HBDH) は、医療機関で行われる検査と同じ精度での検査プロセスを在宅でも提供可能にする、オンライン医療検査・診療用プラットフォーム「メディゲート」β版の開発完了に伴い、パートナー企業の開拓・医師による検証を開始します。

              動画URL: https://youtu.be/WnhQlOjNO0U

現在のオンライン診療は、ビデオ通話を活用した診療・服薬指導が中心で医師が得られる情報が限られてい
ることが課題として指摘されます。HBDH は、ここに「検査」を加えたソリューションを保険診療で提供することを目指します。具体的には、自宅でもスマートフォンを介して聴診器検査や尿検査を行える医療機器と、プラット
フォーム「メディゲート」を組み合わせて、「オンライン医療検査」に基づく診療を医師・在宅患者間で可能にするものです。
今後、メディゲートの検証を行う医師を開拓するとともに、医療機器を開発する企業やIoT ソリューションを
展開する企業との連携・構築も進めていきます。

【概要︓「メディゲート」プラットフォーム】
HBDHは、オンライン医療検査・診療を保険適用で提供可能にすることをゴールとし、2019年に設立しました。国内外のヘルステック企業と協業し、現在は医療機関内部でしか行われていない検査・診療を医師の指導の下、在宅患者にも同じく提供することを可能にするため、ハイテク医療機器および電子プラットフォームを提供します。これにより、医師の患者モニタリング改善、患者さんのQOL向上に貢献します。
HBDHが開発した「メディゲート」は、尿検査や聴診器検査など、現在は医師の関与がないと完結できない検査を患者さんが在宅にいながらにして受けることを可能にするプラットフォームです。自社で持つコンテンツに加えて国内外の医療機器とのAPI連携が可能であり、様々な検査データの医師への送付、医師の所見、これに基づくオンライン診療を可能にするものです。保険適用の要件を満たす患者には専用の識別番号(メディゲート番号)を付与することで安心して保険医療が受けられるように設計しています。
メディゲートのβ版では、患者さんはスマートフォンに専用アプリをインストールし、医師側はPC上のポータルサイトにログインして検査データの確認・所見の伝達、テレビ電話をすることが可能です。

【オンライン医療検査を可能にする医療機器の導入】
HBDHは、Healthy.io社(本社:イスラエル)の尿検査キット、および聴診器などの一般検査が搭載されているMyHomeDoc社(本社:イスラエル)の機器、それぞれとの連携・販売開始を2021年に予定しています。
HBDHが日本国内の独占販売権を持つHealthy.ioは在宅尿検査キットで、キットに含まれるカップに採尿し、患者さんなどがアプリの指示に従い試験紙を尿に浸し、専用のカラーボードに乗せてスマートフォンのカメラ機能でスキャンすることで、尿検査データを医師に送付することを可能にするものです。既にアメリカ、イギリス、イスラエルにて発売されており(オランダでも実証段階)、日本では現在医療機器承認申請に向けて政府側と協議しています。
HBDHが包括合意を締結しているMyHomeDocは聴診器、体温計、パルスオキシメーターが一体として搭載されたホームケアデバイスで、スマートフォンアプリと連携することで、医師がリアルタイムで在宅患者の聴診器検査、喉・耳の中などの検査を行うことを可能にするべく開発されたものです。米国では来月中旬にFDA承認申請を行い、日本ではPMDA申請の準備を進めています。

     動画︓https://youtu.be/yYSpsZVISTQ      動画︓https://youtu.be/G8nit83dMNM
                  図5︓連携予定の家庭用医療機器

【β版検証プロジェクトと協力企業の開拓】
HBDHでは、メディゲートの利便性を向上させるため、β版での医師による検証作業を開始いたします。本検証は、プラットフォームにおける一連のフローを医師の見地から確認するためのものです。
2021年の本格展開を目し、東京インターナショナルクリニック(東京都港区)にて本年秋頃より検証を開始することが決まっています。また並行して他の参加医療機関を募ります。加えて、HBDHでは、今後、ビジネス展開を加速させるため、オンライン診療プロバイダ、保険会社、製薬企業、医療機器メーカー、そして投資家のみなさまとの関係構築を図ってまいります。

<東京インターナショナルクリニック 院長 永野登益氏のコメント>
最近になってオンライン診療が徐々に患者さんにも利用されるようになってきているものの、現状のオンライン診療では、限定された情報からいかに正しい診断を下せるかが医師にとっての課題となっています。メディゲートは、患者さんの医療検査結果を医師が参照しながら、オンライン診療を行うという姿を実現しようとするもので、医師、患者さん両者にとって大きな恩恵があるものと考えています。

<ヘカバイオデジタルヘルス株式会社 代表 ヨアブ・ケイダーのコメント>
私は、メディゲートのような、在宅の医療検査を可能にするプラットフォームを日本に提供したいと思い、数年前から、国内外の企業と協議しコンテンツの準備をしてきました。最近になって、新型コロナウィルス感染症の拡大により、オンライン診療は日本でも認知されてきました。このタイミングでメディゲートのビジョンを共有いただけるパートナーの方々をぜひとも開拓し、日本の新しく力強い医療の実現に貢献していきたいと考えています。

【ヘカバイオデジタルヘルス株式会社について】
ヘカバイオデジタルヘルス株式会社は、在宅でのオンライン医療検査・診療を可能にする医療機器の国内導入とプラットフォーム「メディゲート」を開発する企業です。メディゲートは、様々な医療検査機器と連携することで医療機関と同等の検査・診療を在宅で可能にし、この結果に対する医師の所見をビデオ電話で仰ぐことを可能にします。次世代型のオンライン診療実現により、医師の患者モニタリング向上、患者さんのQOL向上を目指します。

<会社概要>
本社:〒103-0027 東京都中央区日本橋1-12-8 第二柳屋ビルディング7階
設立:2019年2月19日
代表者:ヨアブ・ケイダー
事業内容:医師による在宅患者の検査、オンライン診療・処方を可能にする医療機器および電子プラットフォームサービスの提供。
Web: www.hekabio.digital/ja/ホーム/

※ 内容は発表日現在のものです。予告なしに変更されることがあります。
※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)