美容・健康 ネットサービス・アプリ

出張シェフ、作り置きサービスを提供する株式会社シェアダインに追加出資

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(以下、「FVC」)は、同社が運営するかんしん未来第2号投資事業有限責任組合(以下、「かんしん未来2号ファンド」)より、出張シェフ、作り置きサービスを提供する株式会社シェアダイン(以下、「シェアダイン」)(本社:東京都港区、代表取締役: 飯田陽狩)に追加出資しましたことをお知らせいたします。


【シェアダインについて】
出張シェフのサブスクサービスを運営するシェアダインは、2018年5月のサービスローンチ以降順調に拡大し、単身世帯から子育て世帯、また高齢世帯などあらゆる世帯において、ライフスタイルやライフステージに合わせて利用する出張料理のマッチングプラットフォームへと進化しました。2020年7月時点において栄養士、調理師等の資格を持つシェフの登録が700名を超え、累計で約10万食を提供しています。 近年では、離乳食や子供の食育、アスリートメニューなどボディメイクのための食事や糖質レスなどのダイエット食、また糖尿病をはじめとする生活習慣病予防のための食事管理への問い合わせも増加しています。

2019年10月には、個人向けのサービスに加え、企業の福利厚生・ウェルネスサービスの一環として、従業員向けの食事セミナーと出張料理サービスをパッケージにしたサービス「シェアダイン ウェルネス(法人向け福利厚生・ウェルネスサービス)」も提供を開始し、大企業から医療法人まで導入が進んでいます。またアフターコロナの福利厚生・ウェルネスサービスとして、法人がリモートワーク中の従業員に対して、家庭での食事を支援するために、出張料理サービスを福利厚生として導入する動きも出てきており、注目を集めています。

シェアダインにおいては、2018年のシードラウンド時より、かんしん未来2号ファンドの前身となるかんしん未来ファンドから出資しており、本出資は後継ファンドからの追加出資となります。


【かんしん未来2号ファンドについて】
第一勧業信用組合、全国信用協同組合連合会、恒信サービス株式会社、及びFVCが共同で2015年12月に設立した「かんしん未来投資事業有限責任組合(以下「かんしん未来ファンド」)の後継ファンドとして2018年1月に設立しました。かんしん未来ファンドに引き続き創業期のベンチャー企業を支援することを目的とし、主にシード~アーリー期のスタートアップを対象に積極的に出資を行っています。今回のシェアダインへの出資により、かんしん未来2号ファンドからの出資は合計16社となります。

【FVCについて】
京都に本社を置く独立系ベンチャーキャピタル。地域のベンチャー企業を支援するための「地方創生ファンド」と事業会社のオープンイノベーションを促進するための「CVCファンド」に取り組んでいます。また、資金を投入するだけでなく、長期的な事業継続に向け、事業育成、人材育成、事業コンサルティングなどの支援を行っています。

【出資先概要】
会社名 :株式会社シェアダイン
WEB  :https://sharedine.me/
設立日 :2017年5月
所在地 :東京都港区虎ノ門3−3−3虎ノ門南ビル3F
代表者 :代表取締役 飯田 陽狩

【会社情報】
会社名 :フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
WEB  :https://www.fvc.co.jp/
設立日 :1998年9月
所在地 :京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町 659 番地 烏丸中央ビル
代表者 :代表取締役社長  松本 直人
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)