ネットサービス・アプリ 美容・健康

集れプロ!あなたの生き様がビジネスに!コンテンツ化オーディション開催!

株式会社AGg
ビッグチャンス到来!YouTubeではありえない1人からビジネス!

株式会社AGg(本社:大阪市北区、代表取締役:西本訓子)は、運営する美と健康の情報配信サイト「美SALON」で有料会員に向けて配信するプログラムを一般からも幅広く募集するコンテンツ化オーディションを開催する。 美SALONは、「1日でも多く健康に美しく楽しく生きる」ことを掲げ、美と健康に関する情報を毎月定額制で配信するサイト。今年3月にサービスをスタートさせ、新型コロナウイルス感染症対策による社会変化の追い風を受け会員数を伸ばしている。 合格すると、個人が持つ魅力やノウハウがコンテンツ化される他、実際に向上心あふれる有料会員100人が出席するザ・リッツ・カールトン大阪で開催するセミナーも用意される。 コンテンツ化されると有料会員1人から報酬が発生するため、YouTube等では一定のハードルがあった個人の動画配信やWebセミナーでのビジネス化が容易となる。また、多様なコンテンツを集めることにより、集客効果を高める狙いだ。 コンテンツプロデュースを手掛ける西本訓子代表取締役は、「様々な分野の今まで頑張って来たプロが注目されるチャンス!時代の波に乗って絶対に一歩前にでるべき!」と話す。



■ 「美SALON」美と健康の情報配信サイト https://www.online-beauty.net/

コンテンツ化オーディション開催決定
合格者は、今までの生き様やノウハウがコンテンツとなり、美SALONの向上心旺盛な有料会員様に配信される。
※コンテンツ化するには、通常、企画・プロデュース・撮影・編集など費用がかかるが、ほぼ無料!

2020年8月23日(日)13時~
【応募資格】
年齢経験は問いません。まずはお気軽にご連絡下さい。
https://www.online-beauty.net/audition/

ビッグチャンス到来!
コンテンツは、1人から毎月500円の報酬が発生し、1人増える度に500円加算される。上限はなく、有料会員視聴者1人から500円x会員数の報酬がコンテンツ提供者に支払われる。
YouTube等の動画配信サービスやWebセミナーでは、ビジネス化するまでハードルが高かったが、会員1人からでもビジネスとして成立する。今はまだ無名だが世に出るきっかけを探している人やマーケット規模が小さい分野での専門家など、自薦他薦は問わない。

コロナで時代は変わったが、、、


どうして参戦していいかイマイチわからない。
自分のノウハウをどうプロデュースして動画ビジネスにするかわからない。
作っても誰がどうやって見てくれビジネスになるかわからない。
動画を使ったビジネスの広げ方がわからない。


時代は一気に非対面型へと進むが、上記のような悩みを持つ人は多い。
とりあえず動画を撮ってみたものの行き詰まってしまう人も多い中、「諦めないで!あなたの努力を無駄にしないで!」と美SALONの担当者は訴える。
「このような熱い想いを持っている人は是非オーディションに来て下さい。」


頑張っている誰かがさらにHAPPYになって欲しい。
頑張っている誰かのお役に立ちたい。
自身の素晴らしい仕事や知識をもっとみんなに知ってもらいたい。

【応募資格】
年齢経験は問いません。まずはお気軽にご連絡下さい。
https://www.online-beauty.net/audition/

ザ・リッツ・カールトン大阪で100人規模セミナー
合格者には、更に、コンテンツ制作だけでなく、ザ・リッツ・カールトン大阪で向上心あふれる100人の前でのプチセミナーも用意される。非対面型のWebコンテンツと同時に、視聴者との対面型の場も用意されるため、自身のセミナーやノウハウをこれから広めていきたいと考える人には朗報だ。

あなたの価値は無限大
コンテンツプロデュースを手掛ける西本訓子代表は、「様々な分野の今まで頑張って来たプロが注目されるチャンス!時代の波に乗って絶対に一歩前に出るべき!このチャンスを掴んで欲しい。」と話す。
コロナ感染症対策ですっかり様変わりした社会の中、既存のビジネスからの転換を迫られる業種や人は少くない。非対面型の新しい社会でのビジネスは、オンライン・Web上でいかに「コンテンツ化」し「配信」するかが重要なキーワードとなりそうだ。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社AGg 広報担当:仲林
電話:06-6643-9739 メールアドレス:info@agg-jp.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)