広告・マーケティング ビジネス・コンサルティング

化学センサー市場ータイプ別(触媒ビーズ、電気化学、光学センサー)、エンドユーザー別グローバルシナリオ、市場規模、展望、トレンド、予測、2015-2024年

Kenneth Research
Kenneth Researchは、2015-2024年の期間の化学センサー市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチに基づてレポートを2020年7月05日に発刊しました。レポートで提供される主要な産業洞察は、市場の既存のシナリオに関して読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。


化学センサーは、化学情報を分析的に電気信号に変換する分析装置です。化学センサーは基本的に、受容体とトランスデューサーなどの二つの機能コンポーネントで構成されます。過去数年間は、環境モニタリング、ガス組成分析、防衛および公安などのアプリケーションで大きな注目を集めています。さらに、R&Dの成長により、マイクロケミカルセンサーとそのアレイが出現し、新しい時代の到来が予想されています。半導体化学センサーの使用の拡大と水産養殖産業の燃料用の溶存ガスセンサーの需要の増加は、世界の化学センサー市場の成長を牽引する要因です。

さらに、環境モニタリングおよび防衛セクターでの化学センサーの使用の増加と、医療セクターでの診断の正確さの必要性も相まって、市場の成長を支えています。ポータブルでウェアラブルな化学センサーデバイス市場と未開発の市場は、今後数年間で市場機会を提供します。グローバルケミカルセンサー市場は、2024年までに230億米ドルに達し、2016年から2024年の予測期間中に5.5%のCAGR で成長すると推定されています。



市場セグメンテーション
化学センサー市場はタイプ別(触媒ビーズ、電気化学、光学センサー)、エンドユーザー別(医療、石油・ガス、産業、自動車、環境モニタリング;地域別)グローバルシナリオ、市場規模、展望、トレンドによって分割されています。高度な医療施設に対する世界中の国の政府の必要性の高まり、および医療への支出の増加により、予測期間中に市場は、大幅なCAGRで成長すると予想されています。さらに、現代の医療施設の開発のための研究開発の増加も、グローバルマーケットの成長に貢献するのに役立つことがさらに推定されています。世界銀行の統計によると、2017年には、GDPの合計9.896%が現在の医療費として世界中で観測されています。

化学センサー市場レポートは、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカを含む地域に関する詳細な調査と分析にも焦点を当てています。一方、ヘルスケア業界では、主に世界中に広まったグローバルなパンデミックCOVID-19の恩恵を受けています。世界中で多くの命を奪われている現在のパンデミックにより、ヘルスケア業界では多くの機会が生み出されています。業界はまた、世界的なパンデミックのために、いくつかの新しいプレーヤーからの参加を観察しました。

このレポートは、市場におけるBASF SE, Honeywell International Inc., Siemens AG, General Electric, Emerson Electric Company, Bosch GmbH, ABB Group, Delphi Automotive Plc, Thermo Fisher Scientific およびAbbott Laboratoriesなどキープレーヤーを含む市場のキープレーヤーにに焦点を当てています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325560

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.kennethresearch.com/report-details/chemical-sensors-market/10325560
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)