医療・医薬・福祉 美容・健康

Sony Startup Acceleration Programが開発支援!自宅でできる乳がんチェック MAMMOECHO

ソニー株式会社


ソニーは、 スタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(以下、SSAP)」によるスタートアップ支援サービスの一環として、マイクロソニック株式会社(以下、マイクロソニック)による自宅でできる乳がんチェック MAMMOECHO(マンモエコー)の開発支援を行っています。同製品は、マイクロソニックの超音波検査機を小型化する技術を応用した、自宅で簡単に乳がんチェックができる装置です。SSAPはマイクロソニックが本製品を開発するにあたり、スタートアップの事業化のための体系的なノウハウや知見をベースに、コンセプトデザインの協力等を行っています。
https://sony-startup-acceleration-program.com/highlights/2020/04.html


MAMMOECHOとは
自宅で簡単に乳がんチェックができる装置です。超音波検査機を小型化する技術を応用し、「痛くない」・「恥ずかしくない」をコンセプトに自宅で乳がんチェックができるよう開発されました。MAMMOECHOは、超音波で乳房をスキャンして、スマートフォンに画像を転送し専用のサーバーにアップロード。サーバーにアップロードされた画像を専門医が遠隔でチェックし、結果を通知するパーソナル乳がんチェックシステムです。
これまでの「痛い」・「恥ずかしい」という乳がん診断のイメージを、MAMMOECHOは「痛くない」・「恥ずかしくない」という新しい体験に変えていきます。


MAMMOECHO開発者 マイクロソニック 代表取締役社長 入江 喬介氏のコメント


‟個人に1台“を目標に開発してきた独自の小型化技術を乳がんチェック装置にも応用できないか?いや、したい!との思いから開発を始めました。MAMMOECHOをファーストスクリーニングとして使っていただくことによって、乳がん検診の検診率が向上して、皆様の健康と病気の予防に少しでも役立って欲しい、というのが1番の想いです。MAMMOECHOは、医療、ヘルスケアの未来を創る申し子となることを願っています。まさに、IoT, AI, そして、オンライン診療の先駆けとなることを確信しています。SSAPを通じて、想いに共感していただけるパートナーの方々をお待ちしております。

なお、マイクロソニックは、MAMMOECHOをより多くの女性に快適に使っていただけるよう、バスト補整シートの開発協業パートナーを募集しております。
協業パートナー応募ページ:
https://first-flight.sony.com/pj/mammoecho

マイクロソニック株式会社 概要
代表者:入江 喬介
設立:2000年
所在:東京都国分寺市本町3-10-18 浅見ビル3F
ホームページ:http://www.microsonic.co.jp/index.html

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

※報道関係からのお問い合わせ先
ソニー株式会社広報代理 株式会社プラップジャパン
E-Mail: Sony.News_Info@prap.co.jp

※商品に関するお問い合わせ先
マイクロソニック株式会社
E-mail:info@microsonic.co.jp

関連URL
・Sony Startup Acceleration Program(SSAP)
https://sony-startup-acceleration-program.com/
公式Facebook:https://www.facebook.com/SonyStartupAccelerationProgram/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)