医療・医薬・福祉 その他

98%のご家庭が「満足」と回答!【文京区こども宅食満足度調査】

認定NPO法人フローレンス
文京区内の経済的に困窮する子育て世帯へ、2ヶ月に1回定期的に食品をお届けしている「こども宅食」。ご利用家庭に「満足度調査」を実施しました。





2020年5月に文京区こども宅食は満足度調査を実施しました

文京区こども宅食では、2020年5月にご利用世帯に対し「満足度調査」を行いました。
今回は、前回の2019年12月に続き、配送対象世帯(611世帯)へアンケートを実施し、71.2%(435世帯)の回答をお寄せ頂きました。
前回の2019年12月実施時より回答率は28.5%上昇(前回42.7%)し、98.2%のご家庭より「満足している」という回答を頂きました。
(認定NPO法人フローレンスは、文京区「こども宅食」のコンソーシアムメンバーです。)

食品満足度アンケートの概要





コロナ対策の緊急支援と、寄附企業の想い

新型コロナウイルス感染症対策に伴う、2月末の全国一斉休校措置、4月の緊急事態宣言による休校延長により、2020年春はこども宅食の利用世帯にとっては厳しい生活が続きました。

ご家庭で過ごす時間が長くなる状況を踏まえ、こども宅食コンソーシアムでは2ヶ月ごとの定期配送の他に3月に「臨時便」を(※1)、5月にはおこめ券とQUOカードの配送を(※2)実施しました。



4月には通常通り、定期配送を実施しています。

大変な状況に関わらず「こんなときだからこそ」と、数多くの企業・団体から食品や日用品など様々なご寄附をいただきました。

「ご利用世帯の笑顔になれば」と想いが集まった食品はなんと、33種類でした!(いつもと変わらないこども宅食を。約620世帯に4月便をお届けしました。https://kodomo-takushoku.jp/archives/4096


98%のご家庭から満足と評価いただきました

そして、この度こども宅食を利用するご家庭への満足度調査にて、98.2%のご家庭から「満足」と回答を頂きました。(「とても満足」または「やや満足」)


「満足」を選んだ理由を伺うと、「入っている食品の種類に満足したから」「入っている食品の量に満足したから」の配送内容に関するものと並んで「食品を受け取ること自体が嬉しいから」が多く選ばれていました。

食品のお届けを通じて人と人とのつながりを感じられることが、高い満足度に繋がっているようです。






「外出できない期間でも、姉弟で分け合い笑顔がこぼれました」

そして、嬉しい感想も非常に多く頂きました。食品への感謝の言葉に加え、食品を寄附いただいた企業や、こども宅食コンソーシアムへの「ありがとう」「助かります」といったコメントが多数寄せられています。ほんの一部をご紹介します。




本当にたくさんの、数えきれないほどの「ありがとう」が寄せられました。
運営側にとって心がぽかぽかになる内容の満足度調査となりました。

いつもご支援くださる皆様のおかげで多くのご利用家庭に喜んでいただいています。本当にありがとうございます!多くの皆様の日頃からの”応援”が、子どもたちの支援に繋がっていく活動を見守って頂けると嬉しいです。


追い詰められるその前に。命をつなぐ「こども宅食」で親子の笑顔を守りたい


URL https://www.furusato-tax.jp/gcf/782
寄付募集期間 2020年4月3日~2021年3月31日
目標金額 49,800,000円


【こども宅食】
生活困窮世帯の子育て家庭に2ヶ月に1度、食品等を直接配送し必要な支援に繋げる取り組みで、2017年10月に文京区が開始しました。ふるさと納税による寄附を原資に、返礼品は用意せず、全額を事業運営に充てるもので、自治体・NPO等がコンソーシアムを形成して事業展開をしています。現在、文京区内の就学援助世帯など600世帯を超える家庭が利用しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)