医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

医療事務スタッフの急な欠勤や休職に応えます!

(株)ソラスト
「模擬クリニック」で即戦力を育成、人材派遣サービスを拡充

医療事務や介護、保育サービスを提供する株式会社ソラスト(本社:東京都港区/代表取締役社長 CEO:藤河 芳一)は、2020年7月9日より、医療事務スタッフの欠勤や休職などで急遽人手が足りずお困りの医療機関(主にクリニック)に対して、質の高いスタッフを迅速に派遣するサービスを開始いたします。


本サービスは「日医標準レセプトソフト*」(以下「日レセ」)を導入している医療機関へ、日レセ操作をはじめ、医療事務の知識と実務、質の高い接遇・院内コミュニケーションなどの専門知識とスキルを併せ持った即戦力のスタッフを、要望に応じて柔軟に派遣するものです。


 また、当社は即戦力のスタッフを養成するため、社内に日レセを導入した「模擬クリニック」を開設。実際の医療機関と同じ環境を再現し、より実践的なトレーニングを受けたスタッフを常時有します。

日レセ操作のトレーニングを実施した質の高いスタッフを、即戦力として医療機関へ派遣
大至急や超短期(半日、1日、1週間)など、医療機関のニーズに幅広く対応

 全国1,400以上の医療機関で医療事務サービスを提供している当社は、昨年、日本医師会ORCA管理機構株式会社と包括的な業務・資本提携を締結しました。現在、両社のリソース・強みを生かして、医療・介護領域のICT活用に関連した事業・サービスの開発・拡充を進めており、本サービスはその一環として業務を開始いたします。

 育児や介護、年休の取得義務など、多様な働き方が求められる今日、当社は本サービスを通じて、医療機関で従事する方々の働き方改革の実現を推進します。そして、医療機関の人材にまつわる様々な課題の改善・解決と質の向上に寄与するとともに、働く人のキャリアも支援してまいります。

*「日医標準レセプトソフト」(日レセ): 医療現場のIT化を推進する日本医師会が提供しているレセプトコンピュータ(レセコン)ソフト。現在国内のレセコンは、日レセを含む上位数社で全国シェアの大半を占めています。

■派遣新サービス概要




■トレーニングの特長について


多くの医療機関(主にクリニック)が採用している医事会計ソフト「日レセ」の操作トレーニングを行います。医療機関外で操作できることは大変珍しく、受講者にとっては大変貴重な機会です。
トレーニングは本社に開設した「模擬クリニック」で行います。ここでは、実際の職場と同様に患者・医者・看護師役なども配置し、リアルなロールプレイング形式のトレーニングを行います。
トレーニングは、主に医療機関に勤務経験のある当社社員を対象に、1クラスあたり5~10人程度の少人数で実施します。トレーニング期間は2週間~1ヵ月程度です。
トレーニング修了後、試験に合格した受講者には認定証を付与します。模擬クリニックは、新入社員の研修や「医師事務作業補助」「看護補助」などのトレーニングスペースとしても活用していく予定です。


模擬クリニック(受付)
模擬クリニック(待合室)
模擬クリニック(診察室)
-----------------------------------------------
株式会社ソラストについて
-----------------------------------------------
2万7千人以上の社員を擁し、全国の医療機関から医療事務を受託する「医療関連受託サービス」や在宅系サービスや入居系サービスをトータルに提供する「介護サービス」、認可保育所を中心とした「保育サービス」、そして「教育サービス」を展開しています。
2019年度の売上高(連結)は957億円、営業利益は54億円。2030年までに、売上高3,000億円、営業利益200億円を目指しています。
▷企業サイト
https://www.solasto.co.jp/
[労働者派遣事業許可番号]
派13-010492
[有料職業紹介事業許可番号]
13-ユ-010380
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)