美容・健康 その他

「バリアのちからで肌を守る」バリアスキンメーカー株式会社Fam’sが東北大学大学院医学系研究科・医学部に「母子ヘルスケア医科学共同研究講座」を設置

株式会社Fam's
科学的根拠に基づいた母子の愛着形成の研究、愛着ケア法の確立、株式会社Fam’s「ファムズベビー:製品名」の効果検証の実施へ

【発表のポイント】 1. 胎児期からの母子の愛着形成・発達に関する研究 2. 新たな母子愛着ケア法の構築(あわあわたいそう(R)など) 3. 製品の安全性とアレルギーマーチ予防効果の研究


概要】
株式会社Fam’s(東京都渋谷区)が東北大学大学院医学系研究科・医学部(宮城県仙台市)に2020年6月1日に「母子ヘルスケア医科学共同研究講座」を設置しました。産婦人科学、胎児病態学、神経科学、情報工学(AI)などを専門とする教授2名、客員教授2名、講師1名が所属しています。本講座では母体と赤ちゃんの関係に注目し、愛着形成について研究を進めるとともに、新しい愛着ケア法の構築も行います。家族、地域も含めた心身のヘルスケアと健全な発達成長、女性を取り巻く家族と社会のあり方に関する新たな課題を取り上げ、ヘルスケアを中心に解決を支援、母子環境の新しい未来を作っていきます。

その他、ベビーと密なコミュニケーションをとるタッチケア、マッサージ、手足を動かしたスキンシップを通じて、子育てで問題の「孤育て・ワンオペ育児」による「アタッチメント障害」による人格障害や不登校、ひきこもり、子供の虐待、ネグレクト、育児に関する悩み、うつや育児ノイローゼを解決するソリューションを開発提供します。

また、皮膚バリア機能やそれを介した皮膚疾患抑止効果の基礎研究、特にベビーのアレルギーマーチ抑止や、アトピー性皮膚炎予防改善効果のメカニズム、製品のバリア効果の実証評価のための臨床評価研究を行います。


この度の共同研究ではSDGs17の目標項目の内、下記の4つに取り組みます。
No3.すべての人に健康と福祉を
No4.質の高い教育をみんなに
No5.ジェンダー平等を実現しよう
No9.産業と技術革新のつくろう
SDGs持続可能な開発目標

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。


【株式会社Fam’s 会社・製品概要】
<製品説明>
“バリアで肌を守る”新発想のバリアスキンケア「ファムズベビー エンジェルフォーム(製品名)」は、皮膚表面に保護バリアをつくり、肌を痛める多くの原因を遮断して肌を保護するための新発想スキンケア。
(肌を痛める原因になりうるものとは=水、お湯、洗剤、汗、分泌物、乾燥、摩擦、空気中に浮遊するハウスダスト、雑菌や カビ、 花粉、 黄砂、PM2.5 など)また、持続処方を施しバリアが長時間持続することで、お肌を保護しながら潤いを同時に閉じ込め保湿効果を有しますので、肌にとって最適な環境をつくります。

使用者の大半は新生児・乳幼児、ママになりますが、看護師や美容師の手荒れ予防、介護される側・介護従事者の肌トラブル予防に使用され、老若男女問わず、すべての人の肌を守ります。
また、出産入院する産科病院にて、卒院する際のスキンケアとして一部の病院で採用されています。

<お使いになれる方>
新生児~お年寄り。 敏感肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌、普通肌など様々な肌質の方が使えます。

<使用用途>
・乳児性脂漏湿疹
・あせも予防
・アトピー性皮膚炎の予防(保湿による)
・おむつかぶれ予防
・食べこぼしかぶれ予防
・乾燥肌対策などに
・その他、金属アレルギー予防、摩擦による靴ずれ・衣ずれ予防に

<成分表示>
水、LPG、ステアリン酸、ジメチコン、グリセリン、PVP、TEA、セタノール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウレス-2、ラウレス-21、酢酸トコフェロール、フェノキシエタノール

製品名 : Fam’s Baby(ファムズベビー)エンジェルフォーム
販売価格:¥2,400+(税)
内容量  : 1 本 85g
製造国 :日本
商品分類:化粧品(皮膚保護剤)


【株式会社Fam's 今後の取組】
株式会社Famʼsでは、少子高齢化社会の社会的課題解決に向けて東北大学と様々な取り組みを行ない、その成果を製品やサービスとして社会に還元したいと考えています。母子ヘルスケアは少子化やワンオペ育児でストレスフルな母子の心や身体の健康維持にとって有用な成果を発信したいと願っております。さらに今、新型コロナウイルス(COVID-19)が猛威を振るい、世界中がその脅威にさらされています。これからのウィズコロナ時代に向けて「今できること、今あるもの」でいかに適応していけるかも大切です。 弊社は「バリアで肌を守るバリアスキンケア」の大きな可能性を信じ、手指消毒による手荒れ予防やケア・マスク皮膚炎の予防やケアなど、ユーザーの皆様へ安心して利用頂ける取組みも、各関係者と力を合わせて進めて参りたいと存じます。




ファムズベビー公式サイト http://fams-skin.com/
あわあわたいそう(R)サイト https://fams-skin.com/#awaawa


【本件に関するお問合せ】
株式会社Fam's
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町1-8-1F
TEL 03-3462-0666
担当部署:営業部 広報担当 : 吉田
公式HP:https://fams-skin.com/
E-mail :press@fams-inc.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)