医療・医薬・福祉

COVID-19:治療薬・ワクチン開発から規制当局の動きまで、世界の最新動向を伝える24時間連続ウェブイベント、7/21(火)17時~7/22(水)17時

インフォーマインテリジェンス
新型コロナウイルス感染症:教訓と今後の展望を議論する24本のオンラインセミナー

世界中の医療用医薬品・医療機器の市場調査・データベースを提供するインフォーマインテリジェンス合同会社(東京都千代田区、新保秀永代表)のファーマインテリジェンス事業部は、2020年7月21日(火)17時から翌22日(水)17時まで、24時間連続で計24本の新型コロナウイルス感染症に関するオンラインセミナーを行う特別ウェブイベントを開催します(無料/一部の講演を除きライブ配信)




日本時間7月21日(火)17時から翌22日(水)17時まで、24時間で合計24本の新型コロナウイルス感染症に関するオンラインセミナーを行う特別ウェブイベント「COVID-19 24-hour web event: Lessons learned and a path forward」を開催します(全講演無料/一部の講演を除きライブ配信の予定)

インフォーマ・ファーマインテリジェンスのアナリストやジャーナリスト、コンサルタントに加えて、世界のヘルスケア産業のKOL(Key Opinion Leader)や医療従事者など外部専門家にもスピーカーとしてご参加頂きます。

講演のトピックは多岐にわたります。パンデミックに対する製薬企業の対応や治療薬・ワクチンの開発動向から、メドテック、規制当局とのやり取り、最前線の医師による報告、日本・中国・インドなどアジア各国の対応まで。幅広い分野をグローバルな視点で解説し、具体的データに基づくインフォーマ・ファーマインテリジェンスならではの考察を提供します。

各講演では参加者の方からご質問を受け付けます。新型コロナウイルス感染症に関して、これまでに得られた教訓と今後の展望に関するグローバルな議論にご参加ください。

*ご登録者には後日録画とスライドをご提供する予定です
*トピックは変更になる場合があります


■ 実施要領





■ 講演の主なトピック(詳細は下記の「全講演のタイトル」欄をご覧下さい)
・治療薬・ワクチンの開発動向
・FDA、薬事、規制当局とのやり取り
・薬価、マーケットアクセス
・日・中・韓・印の状況およびビジネスへの影響
・医療提供体制、医療従事者からのアップデート
・メドテック
・ビジネスリーダーの見解、など

*現在、上記以外にもトピックと講演者を調整中です
*トピックは変更になる場合があります


■注目の中国関連トピック1
講演タイトル:中国におけるCOVID-19治療薬の開発
実施日時:7月22日(水)12時~13時
講演者
・Annie Siu、首席コンサルタント、インフォーマ・ファーマインテリジェンス
・Joan Shen、CEO、I-Mab Biopharma
概要
COVID-19治療薬の開発競争における中国の影響力について深く掘り下げます。COVID-19治療薬を開発し、米国と中国でIND申請しているI-Mab Biopharma社のCEO・Joan Shen氏をゲストとしてお招きします。中国のR&D、審査承認手続き、治療ガイドライン等について弊社首席コンサルタント・Annie Siuが話を聞きます。

Annie Siu

■注目の中国関連トピック2
講演タイトル:日・中・韓の製薬産業におけるコロナウイルスの影響
実施日時:7月22日(水)14時~15時
講演者
・Brian Yang、シニアエディター、 Scrip、インフォーマ・ファーマインテリジェンス
・Jung Won Shin、シニアレポーター、Scrip、インフォーマ・ファーマインテリジェンス
・Ian Haydock、APAC編集長、Scrip & Pink Sheet、インフォーマ・ファーマインテリジェンス
概要
COVID-19の影響を最初に受けた地域として、東アジアの各国はウイルスの拡大を防ぐために様々な対策を取りました。日本・中国・韓国に拠点をおく弊社ジャーナリストが各地域のR&D動向、政策及び規制対応、そしてこれらの効果について議論します。
Ian Haydock

■注目の中国関連トピック3
講演タイトル:パンデミックは中国のビジネス活動にどのような影響を与えたか?
実施日時:7月22日(水)16時 ~17時
講演者
・Timothy Pang、シニアディレクター、インフォーマ・ファーマインテリジェンス
・Caroline Zhang、首席コンサルタント、インフォーマ・ファーマインテリジェンス
概要
2019年、中国ではベンチャーキャピタルからの資金調達とM&Aは鈍化する一方で、パートナリング活動は成長を続けました。コロナウイルスという新たな課題に直面する2020年、中国のビジネスはこれからどのような方向に進むのでしょうか。今後の見通しについて弊社首席コンサルタントが解説します。
Timothy Pang
Caroline Zhang


■全講演のタイトル
日本時間2020年7月21日(火)




日本時間2020年7月22日(水)








■その他COVID-19関連情報
COVID-19・最新情報ダッシュボード(無料)
弊社ウェブサイトでCOVID-19に関する最新情報を無料で公開しています。一目でポイントを把握できるダッシュボードや動画形式で、世界中の治験情報やパイプラインデータ、市場イベント、医薬品産業のニュースを毎日更新しています。
https://pharmaintelligence.informa.com/ja-jp/resources/key-topics/coronavirus
COVID-19ダッシュボード


ホワイトペーパー「COVID-19と臨床試験への影響」(無料)*PDFが開きます
COVID-19による臨床試験動向の変化と今後の見通しについて検証したホワイトペーパー「COVID-19 and the impact on the clinical trial space(全16頁)」を発行しました。パンデミックは世界中の臨床試験に大きな影響を与えており、ソーシャルディスタンスの確保や移動制限もあって中断や遅れを余儀なくされています。その一方で、遠隔医療・バーチャル治験・電子的データ管理などが急速に普及しつつあります。
http://images.intelligence.informa.com/Web/InformaUKLimited/%7B5086c016-ad52-445c-a57b-fb768e963ee0%7D_COVID19_Whitepaper.pdf?fbclid=IwAR2c8xzNjbGObqcHrA9oK1d6TzuqMoUFaXryARRkErzLL-LGUrCy5l308FE
COVID-19と臨床試験への影響


----------------------------------------------
インフォーマインテリジェンス合同会社について
----------------------------------------------

ロンドンに本社を置き、ロンドン証券取引所に上場しているインフォーマ(Informa PLC)の日本法人の1つです。製薬、金融、情報通信、海事、航空など様々な産業の市場調査やデータベース、コンサルティング、ニュース配信サービスなどを展開し、各分野の専門家に高度な情報とネットワークを提供しています。




----------------------------------------------
ファーマインテリジェンスについて
----------------------------------------------

今回、24時間ウェブイベントを開催するファーマインテリジェンスは、インフォーマインテリジェンス合同会社の中で医薬品産業に関する情報を扱っている事業部門です。米国、欧州5か国(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン)、日本の計7つの市場を中心に医療用医薬品や医療機器の市場予測、世界中の開発パイプラインや臨床試験情報のデータベース、世界の製薬産業や薬事規制、承認審査に関するニュース配信サービスなどを提供しています。



----------------------------------------------
お問い合わせ先
----------------------------------------------
インフォーマインテリジェンス合同会社
ファーマインテリジェンス/広報担当
inquiry.jp@informa.com
03-6273-4260(代表)
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-5 大手町フィナンシャルシティノースタワー21階

24時間ウェブイベントのサイト
https://pharmaintelligence.informa.com/ja-jp/resources/product-content/2020/06/03/16/31/covid19-24hour-web-event
サービスサイト
https://pharmaintelligence.informa.com/ja-jp
コーポレートサイト
https://informa.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)