フルーツの力で世界を輝かせる!フルーツ由来の高濃度ビタミンC美容液『fru:C』誕生のストーリー

株式会社エクラは、2020年9月から「フルーツで世界を輝かせる」をコンセプトにフルーツ由来の高濃度ビタミンC美容液『fru:C(フルーシー)』を発売しました。『fru:C』は、空気に触れると壊れやすいビタミンCを、独自製法で「ギュッ」とカプセルに閉じ込めた、オールインワンで手軽にお手入れが完了する新しい形の美容液です。


×


開発から2年半という時間がかかったものの、先行発売として実施したクラウドファンディングでは早々にプロジェクト目標2715%を達成。直近では『LDK the Beauty』で5冠を獲得する等、現在まで多くの方に手を取っていただいている本商品の裏側にある物語を伝えます。


なかなかケアできない年齢サインのケアを手軽で効果的に。忙しい女性を美しく輝かせたい!

私たち株式会社エクラは、2015年6月に設立した化粧品メーカーです。「プロフェッショナルたれ」という考えを大切に、代表であり創業者である広瀬が薬を扱う仕事をしていたこともあり、商品の提供できる効果や安全性にこだわり商品を開発・販売してきました。


現在では「fru:C」だけでなく、皮膚科学と和漢を研究した化粧品である「白漢 しろ彩」シリーズや保湿を嫌がっていた子も楽しんで塗り始めるもこもこワセリン泡「atopig」といった商品も提供しています。



私たちが「fru:C」の開発をはじめたのは、会社の創業から3年が経った2018年。化粧品開発者として美容の研究を続けていく中で、肌悩みを突き詰めた結果、多くの世代に共通する悩みが「紫外線が原因の肌悩み」に関するものでした。


歳を重ねると出てくる年齢サイン。避けることができない悩みをケアする上で、効果があると言われている美白化粧品を使っても、「なかなか実感がわかない。本当に効果があるのだろうか」。また、化粧品のライン使いでは「何個もぬるのが面倒くさい!」、「沢山使っても効果ない!」という声が多くありました。


一方、そんな年齢サインに対して、実際に具体的な対策をされているかというと「日焼け止めを塗るのを忘れてしまう。」「日焼け止めや日傘を使うと、好きなことが思いっきりできない!」などの理由から 対策ができていない方もいらっしゃいまして、また、きちんと対策をしていても、「紫外線を完全には防ぎきれない」というお声も多くありました。


そんな多くのお悩みの方を、年齢サインに負けない、日差しを浴びても輝く肌にするため、笑顔にするため、私たちは「感動的にいいもの、そして簡単にケアできるもの」を目指して新しい化粧品の開発を始めました。

高濃度のビタミンCが入った化粧品の開発

そこで私たちが行き着いたのが、高濃度のビタミンCを肌に与えてあげることでした。しかし、ビタミンCはただ入っていればいいわけではありません。そもそもビタミンCという成分は、空気に触れると酸化しやすい特性がある。酸化してしまうと、肌で効果を発揮しづらくなるのです。


他にも、ビタミンCは肌にのせるとつっぱり感がある、刺激が強い、時間が経つと茶色くなる、独特の香りがするなどの課題がありました。そのため、酸化しない新鮮なビタミンCであることが重要だったのです。


理想のビタミンC美容液を作るために、何度も試作を繰り返しましたが、理想の姿には程遠い状況が続きました。様々な工場をめぐり、『こんな美容液を作りたい!』と熱意を語りましたが、『これは難しいです・・・。』と断られ、首を縦に振ってくださるところはありませんでした。


ですが、元々、敏感肌を研究し商品開発を続けていた私たちなので、“敏感肌の方でも使える高濃度ビタミンC美容液を作る”ということに妥協はできませんでした。



そんな中で、突破口となったのは25年間、某大手化粧品メーカーで「研究」と「開発」に努めていた中田さんとの出会いでした。中田さんは、25年間凄まじい数の化粧品の成分分析をし、処方を開発。この世に、素晴らしい化粧品を数多く編み出してきました。化粧品や美容のセミナーでは講師として登壇もしている、美の処方のスペシャリストです。


そんな中田さんの全面協力のもと、やっと開発がスタート。

ビタミンCを新鮮なまま肌に届けるため、ヒアルロン酸で包むという、唯一無二の処方を生み出し、カタチになるまで何度も開発が繰り返されました。


また、五感に訴えかけるような美しい鮮やかなビタミンカラーも、褪色してしまったり、さまざまな管理下で同じ品質を保つことなど、課題は山積みでした。


そして、2年半もの間、数えきれないほどの施策を重ね、ようやく全てを叶える理想のビタミンC美容液が完成しました!それが『fru:C』です。



空気に触れると壊れやすいビタミンCを酸化させず浸透させるため独自開発したのが、目に見えるビタミンカプセル『ホワイトCカプセル』です。ヒアルロン酸に包みこみ、ビタミンCを守ることで、特有のキシキシ感も解消。肌に触れた瞬間に、ヒアルロン酸のカプセルがはじけ、フレッシュなビタミンCが肌の隅々まで浸透します。


また、美白成分を追求する上で、フルーツの美容成分にも着目し、「フルーツで世界を輝かせる」をコンセプトとしました。自然の恵みを一身に受け、紫外線にさらされながら過酷な環境下でも、みずみずしく育つフルーツ。その凄まじいパワーをお肌に届けるため、そのまま美容液に閉じ込めました。

「フルーツの力で世界を輝かせる」ために私たちができること

「フルーツの力で世界を輝かせる」というミッションは、今ある地球環境が存続することが大前提となります。であるならば、使わせていただくだけでなく、利益の還元をしていこう、という想いがありました。


具体的には、売り上げの一部で木を植える、植樹活動を続けていきました。将来的に『fru:C』の森ができるよう活動中です。『fru:C』を買っていただくことで、砂漠化した土地に苗が植えられるよう、地球緑化クラブ様へ寄付をし、緑を増やし砂漠化を防ぐことで地球温暖化の防止に繋げます。



そして、パッケージには環境に配慮したやさしい素材「FSC認証紙」を使用。この素材を使用することにより、森林を守り、廃棄物も減らせるためCO2の削減にも繋がることで、地球温暖化防止に繋がります。また、容器もリサイクルが可能なガラス容器に。

他にも、過剰な梱包を少しでも防ぐため、封をするシールや、透明のフィルムなどを廃止したデザインにしました。



また、『日本の果物産業を担う若い農家さんを応援し、果物の重要性や消費拡大を広める運動』も併せて行っています。フルーツの成分を沢山配合した商品を扱っていることもあり、日本のフルーツ産業に目を向けようと考えたことがきっかけでした。



「日本のフルーツ産業を活性化させたい」という農家さんの想いに心を打たれ、高齢化が続く一次産業の中で、「fru:C」を提供する私達が想いをもって活動されている農家さんとお客様を繋げる存在を志すようになりました。


化粧品メーカーであるものの、今後はさらに「フルーツを食べよう」「ちょっと地方に行ってみよう」と思ってもらえるような企画にも取り組んでいきます。

自分らしく輝く女性を応援する化粧品を届ける

女性のモチベーションは「美」が大きく関わっていると思います。私たちは忙しい女性たちの「美」をサポートし、「色々あったけど明日も頑張ろう」と前向きな気持ちになってほしいという願いを込めてこの美容液を作りました。


また、フルーツは形がみんな違いますが、それぞれ可愛らしさがあったり、綺麗だったり、個性のある美しさがあると思います。フルーツを扱う会社として、そのままの自分が一番綺麗なんだよと感じてもらって、誰かと比べずに自分らしく、自分を磨いていただけたら嬉しいなと思います。


私たちは、小さな会社だからこそ、本当に自分たちが納得した商品しか発売をしていません。fru:Cも長年開発を続けましたが、もしかしたらカプセル化がうまくいかず、発売できなかった商品かもしれません。

しっかりと根拠のある美容効果と、お客様が毎日使いやすい使用感、お値段、全てが叶う年齢サインケア化粧品がfru:C:であると自負しています。


これからもfru:Cというブランドを大切に育て、ファンでいてくださるご愛用者様に喜んでいただけるようなサービスを提供し続けていきたいです。




行動者ストーリー詳細へ
PR TIMES STORYトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)