美容・健康 ネットサービス・アプリ

医師によるオンライン医療相談「first call」、NTTドコモの「dヘルスケア」が提供開始した月額300円コースでも利用可能に

メドピア株式会社
NTTドコモの回線以外でも利用可能な新コースで、より多くの方に医療相談を

メドピア株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 CEO:石見 陽)の連結子会社である株式会社Mediplat(東京都中央区、代表取締役 CEO:林 光洋)が運営する医師によるオンライン医療相談サービス「first call」は、株式会社NTTドコモが2019年4月3日より新たに提供を開始した「dヘルスケア(300円)」とサービス連携をいたしました。これにより、従来の「dヘルスケア(500円)」会員に加えて、「dヘルスケア(300円)」会員の方々も「first call」をご利用いただけるようになり、日常生活における心身のちょっとした不安や悩みを、24時間いつでも医師にチャットで相談いただけます(※)。




「first call」(https://www.firstcall.md/)のオンライン医療相談は、日常生活における自身や家族の健康上の不安や悩みについて、チャットとテレビ電話で24時間いつでもどこからでも医師に相談ができるサービスです。一般内科や小児科、産婦人科、皮膚科、精神科など幅広く網羅した全12科目での相談に、医師が実名で丁寧に回答することが特徴です。

「dヘルスケア(R)」(https://health.dmkt-sp.jp/)のアプリは、2018年5月15日より提供を開始され、2019年3月8日時点の約10ヶ月で250万ダウンロードを突破しています。日々の歩数や体重を管理できる「dヘルスケア(無料版)」と、健康やダイエットに役立つコンテンツが使い放題の「dヘルスケア(500円)」に加えて、この度、ドコモ以外の回線からもご利用可能な月額300円の新コース「dヘルスケア(300円)」が開始されました。

この度の連携により、従来の「dヘルスケア(500円)」に加えて「dヘルスケア(300円)」でも「first call」のオンライン医療相談がご利用いただけるようになりました(※)。「dヘルスケア(300円)」では、「first call」の他、歩数や体重記録などの毎日の健康ミッションをクリアするとdポイントが獲得できたり、スポーツクラブなどが特別価格でご利用いただけます。

「dヘルスケア(300円)」の詳細は、NTTドコモのプレスリリース(2019年4月2日)を参照ください。
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/04/02_00.html

今後も「first call」は、様々な企業やサービスとの連携を積極的に行いながらサービスを拡充し、より多くの人々の健康増進・予防や適切な病院受診をサポートしてまいります。

※「dヘルスケア(300円)」では、チャット相談のみ(テレビ電話相談は対象外)となります。

<first callのチャット相談イメージ>



【メドピア株式会社の概要】
会社名 : メドピア株式会社
所在地 : 東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル11階
設 立 : 2004年12月
代表者 : 代表取締役社長 CEO 石見 陽(医師・医学博士)
事業内容: 医師専用コミュニティサイト「MedPeer」の運営、その他関連事業
URL : https://medpeer.co.jp

【株式会社Mediplatの概要】
会社名 :株式会社Mediplat(メドピア株式会社子会社)
所在地 :東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル11階
設 立 :2015年11月
代表者 :代表取締役 CEO 林 光洋
事業内容:オンライン医療相談プラットフォーム「first call」の運営
URL :https://firstcall.md/Home/About

◆本プレスリリースに関するお問い合わせ先
メドピア株式会社 広報担当 藤野
電話:03-4405-4905
メール:pr@medpeer.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会