医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

早老症のコミュニティサイト「プロジェティー」を開設しました

株式会社chilledcup
早老症に特化した交流機能やオリジナルスタンプを実装したコミュニティ

株式会社chilledcup(本社:東京都品川区)は早老症に関わる方々のためのコミュニティサイト「プロジェティー」を2020年7月13日より開始いたしました。 (https://werner-syndrome.org/)





■プロジェティーとは

プロジェティーは、早老症に関わる方々のためのコミュニティです。早老症における悩みや思い、質問や相談などを行うことができます。患者の方はもちろん、家族、医療・研究機関など早老症の関係者はどなたでもご参加可能です。

プロジェティーは交流を通して、患者本人や家族の負担を少しでも減らし、より健全に病気と付き合っていける環境の構築を目指していきます。

■早老症とは

20歳を過ぎるころに急速に老化が進んでいくように見える「早く老いる」病気と言われています。

早老症は、総称であり、ハッチンソン・ギルフォード症候群やウェルナー症候群など個人よって症状が違います。

20歳代から白髪や禿髪などの実年齢よりも老けて見え、糖尿病や悪性腫瘍や心臓病などの発症のリスクもあります。また、深い傷が治りづらく日常生活においても苦労している患者さんがたくさんいます。

現在の医療では根本的な治療法は見つかっておらず、また見た目の老化に関する予防法もありません。

中でも「ウェルナー症候群」は世界の中でも日本人の患者の6割と、日本人の発症頻度が高い疾患です。

■コミュニティの機能

・早老症に特化したユーザー情報の登録

・投稿やDMなどの交流機能

・『プロジェティー』オリジナルのかわいいスタンプ

専用スタンプ・プロフィール機能・タグ機能があり、より早老症に特化したコミュニティとなっています。メディア配信もあり、信頼できる情報をわかりやすく閲覧できます。また、皆さんが安心してご参加できるよう、匿名でも利用できるようになっております。

これらの機能は全て無料でお使いいただけます。

今後、コラムの配信や専門医にオンライン相談できる機能など、新しい機能を随時追加予定です。




■コミュニティへの思い

希少疾患はその珍しさから、人々が情報に触れる機会はそう多くはありません。周囲の理解を得られにくく、日々の生活に不安を抱えることもあります。患者数の少なさゆえに、関わる人達の交流の場も限られがちです。

情報を共有することで、少しでも皆さんの心の負担を減らしたい。
医療機関や研究機関にも参加を呼びかけることで、信用できる情報を積極的に発信していきたい。

私達はそう考え、このコミュニティを立ち上げました。

同じ境遇の方々と、つながる。会話する。
日々の軽い話題から、真剣な悩みまで。

皆さんのご参加を心より歓迎しております。

■サービス概要

サービス名:『プロジェティー』

サービス開始日:2020年7月13日

料金:無料

URL:https://werner-syndrome.org/

備考:早老症に関わる方であれば誰でも無料で登録・利用可能

■会社概要

会社名:株式会社chilledcup

所在地:〒140-0004 東京都品川区南品川4丁目4番17号品川サウスタワー

代表者:畠山大世

設立:2019年8月8日

コーポレートサイト:https://www.chilledcup.co.jp/

事業内容:システム開発・オンラインコミュニティ運営事業・オンラインWEBサービス運営事業

お問い合わせ先:info@chilledcup.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)