医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

産業医が語る「コロナ禍に求められる健康経営とは?」無料オンラインセミナーを7月29日に開催

エムスリーキャリア株式会社
~エムスリーキャリア株式会社×株式会社SmartHR共同開催ウェビナー~

エムスリー株式会社の子会社であるエムスリーキャリア株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:羽生崇一郎)は、株式会社SmartHR(所在地:東京都港区、代表取締役:宮田昇始)とのオンライン共催セミナー「産業医が語る、いま人事・労務に求められる従業員の健康管理」を2020年7月29日(水)に開催いたします。






セミナー開催の背景/概要

今、日本は働き方の大きな転換期を迎えています。
新型コロナウイルスの流行をきっかけに、多くの企業でこれまでの働き方が見直されています。新型コロナウイルスの流行を防ぎつつ、生産性を維持するため、テレワーク(在宅勤務)の導入や時間差出勤など、企業はより柔軟な働き方への対応を求められています。この特殊な状況下における従業員の健康管理の難しさを感じている企業経営者様、人事労務のご担当者様もいらっしゃるかと思います。

そこで本セミナーでは、11社の企業で産業医として活躍しておられる尾林 誉史先生を講師にお迎えし、今こそ求められる従業員の健康管理対策についてご講演いただきます。ご講演終了後は、尾林先生との質疑応答の時間も設けております。従業員の健康管理について情報が欲しい、または、お悩みの人事・労務ご担当者様はぜひご参加ください。

▼▽▼▽▼セミナーお申し込みフォームはこちら▼▽▼▽▼
URL:https://smarthr.jp/event/18694

※応募多数の場合は、抽選とさせていただく場合がございます。


こんな方におすすめ

・テレワークなど新しい働き方を導入している(これから導入を検討されている)方
・この特殊な状況下で従業員の健康管理をどのように行うべきか不安に思っている方
・従業員の健康管理に注力したいとお考えの方


セミナー詳細





※応募多数の場合は、抽選とさせていただく場合がございます。
※同業他社や士業の方、本イベントの対象者以外のお申込みについては、お断りさせていただきます。



プログラム






▼▽▼▽▼セミナーお申し込みフォームはこちら▼▽▼▽▼
URL:https://smarthr.jp/event/18694
※応募多数の場合は、抽選とさせていただく場合がございます。


講師プロフィール



尾林 誉史(おばやし たかふみ)先生
精神保健指定医/日本医師会認定産業医/コンサータ登録医師/VISION PARTNER グループ代表・VISION PARTNERメンタルクリニック四谷院長

東京大学理学部化学科卒業後、(株)リクルートに入社。退職後、弘前大学医学部医学科に学士編入し、東京都立松沢病院にて臨床初期研修修了後、東京大学医学部附属病院精神神経科に所属。現在、11社の企業にて産業医およびカウンセリング業務を務める他、メディアでも精力的に発信を行っている。

VISION PARTNERメンタルクリニック四谷(https://vision-partner.jp/index.html


会社概要

株式会社SmartHR
SmartHRは、2年連続シェアNo.1(※)のクラウド人事労務ソフトです。雇用契約や入社手続き、年末調整などのあらゆる労務管理のペーパーレス化を実現します。組織や従業員の情報を集計・可視化できる「ラクラク分析レポート機能」は戦略人事にも活用可能。さらに、勤怠管理や給与計算システムなど、様々なサービスとの連携も充実。SmartHRは煩雑で時間のかかる労務手続き・労務管理から経営者や人事担当者を解放し、企業の生産性向上を後押しします。
※『HRTechクラウド市場の実態と展望 2019年度 労務管理クラウド部門』ミック経済研究所調べ

URL:https://smarthr.jp

エムスリーキャリア株式会社
「イキイキと働く医療従事者を一人でも増やし、医療に貢献する」をミッションとし、2009年12月より、医療関連ビジネスを展開するエムスリー株式会社(東証一部上場)、株式会社エス・エム・エス(東証一部上場)がそれぞれの強みを結集させ設立したジョイントベンチャー。エムスリーが運営する日本最大級の医療従事者向けサイト「m3.com」には、28万人以上の医師が会員登録しており、こうした基盤をもとに、医師をはじめとする専門職と医療機関のマッチング支援事業を中心に展開しています。

URL:https://www.m3career.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)