医療・医薬・福祉

「curonお薬サポート」、PHC社の「ヘルスケア手帳」との連携を開始

株式会社MICIN
~ヘルスケア手帳アプリを利用する患者・薬局へのオンライン服薬指導をスムーズに~

株式会社MICIN(マイシン)が提供する薬局向け服薬指導用サービス「curon(クロン)お薬サポート」と、PHC株式会社(本社:東京都港区)が提供する電子版お薬手帳アプリ「ヘルスケア手帳」サービスは、本年9月を目処にシステム連携を開始致します。本連携により、「ヘルスケア手帳」を利用する薬局は「curonお薬サポート」を同じ端末で利用可能となり、電話やビデオ通話でのオンライン服薬指導後、患者負担金額のクレジットカード決済や宅配便業者とのシステム連携機能をよりスムーズに利用開始いただけます。


■本取り組みについて
「curonお薬サポート」サービスは、オンライン診療や電話での再診を受診した患者に対し、薬剤師が電話を介した服薬指導を実施する際に、処方薬のクレジットカード決済および宅配業者との提携によって、患者宅への効率的な医薬品の配送を可能とするサービスです。
「ヘルスケア手帳」サービスは、服用薬の情報をはじめ、血圧などの個人の健康情報をスマートフォンで一元管理し、薬局へ処方箋を事前に送信することで、患者の薬局での待ち時間の削減を目的とした保険薬局向けサービスです。
両サービスをシステム連携することで、既に「ヘルスケア手帳」を導入している3,300店舗を超える薬局にて、電話やビデオ通話での服薬指導後の決済・配送について、同じ端末でより迅速に、より便利に利用することができます。
また、ヘルスケア手帳スマートフォンアプリを利用する患者も、処方薬のクレジットカード決済や薬局から自宅までの配送サービスを受けるための情報登録が簡略化できます。
薬局への移動が難しい高齢の方々やウイルス感染への懸念から薬局訪問を躊躇する患者など、欠薬による疾病の重症化予防への効果も期待できるとともに、薬剤師の会計業務の軽減や医薬品の配送業務の効率化にも貢献します。

MICINはオンライン診療サービス「curon(クロン)」を4,000施設を超す医療機関に提供しており、患者と医療従事者を繋ぐ医療系アプリケーション開発で実績を有しております。PHC株式会社は、糖尿病マネジメント、診断・ライフサイエンス、ヘルスケアサービスの事業分野で開発、製造、販売、サービスを行うグローバルヘルスケア企業であるPHCグループの日本における事業会社です。この2社が連携することで、パソコンやスマートフォン等を活用したオンラインによる医療サービスを、病院や診療所へのオンライン診療システムの提供のみならず、薬局にも提供して参ります。

■本取り組みの背景
新型コロナウイルス感染症が拡大する中、医療機関と患者との直接接触による院内感染や、ウイルス感染を恐れて医療機関の受診を中断する患者の治療離脱が懸念されています。
さらに、本年9月には改正薬機法の施行も予定されており、新型コロナウイルス感染症下の特例的・時限的な措置が終了した際にも、オンライン服薬指導の活用は可能となります。
診療だけではなく服薬指導もオンラインで完結できる仕組みは、今後普及・定着していくことが予想され、服薬指導をオンラインで実施できる体制作りを開始する薬局も増えつつあります。

■今後の展開
「curonお薬サポート」は近日中に電話服薬指導時の決済・配送サポート機能に加え、オンライン服薬指導時に求められる機能追加を予定しております。
「ヘルスケア手帳」とのシステム連携についても9月に実施する連携を皮切りに、患者・薬局双方により便利に使っていただけるような連携を強化する予定です。

■curonお薬サポートについて■
curonお薬サポートは薬局向け服薬指導用サービスです。詳細情報のご確認・お問い合わせは下記URLをご参照下さい。
https://curon.co/pharmacy

<株式会社MICIN(マイシン)について>
株式会社MICINは医師で代表取締役の原聖吾が2015年に設立しました。オンライン診療/服薬指導などを手掛けるアプリケーション事業、医療データをAIなどで解析・活用するデータソリューション事業、医薬品の臨床開発向けデジタルソリューション事業を展開しています。「すべての人が納得して生きて、最期を迎えられる世界を」というビジョンの実現を目指しています。
https://micin.jp/

<PHC株式会社・メディコム事業部について>
PHC株式会社は、糖尿病マネジメント、診断・ライフサイエンス、ヘルスケアサービスの事業分野で開発、製造、販売、サービスを行うグローバルヘルスケア企業であるPHCグループの日本における事業会社です。健康を願うすべての人々に新たな価値を創造し豊かな社会づくりに貢献することを経営理念として、付加価値の高い製品・サービスを世界125カ国以上のお客様にお届けしています。メディコム事業部は1972年に国内で初めて医事コンピューターを開発、発売して以来、事業ブランド「メディコム」を掲げ、電子カルテシステムをはじめとしたヘルスケアIT製品・サービスの提供を通じて、患者への医療サービス向上と医療従事者の業務効率改善に取り組んでいます。
https://www.phchd.com/jp/medicom/about
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)