美容・健康

「血圧サポート」 8月20日リニューアル発売  

株式会社ファンケル
二つの機能性関与成分を独自配合 高めの血圧を下げる!

株式会社ファンケルは8月20日(木)から、高めの血圧を下げる機能性表示食品「血圧サポート」(30日分/価格:2,376円<税込>)を、通信販売と直営店舗でリニューアルして発売します。同製品に新たに配合している機能性関与成分「トリペプチドMKP(メチオニン‐リジン‐プロリン)」と「γ‐アミノ酪酸(GABA)」が、高めの血圧を下げ、正常な血圧を維持します。今後同製品を新たな戦略製品と位置付け、積極的なプロモーションを展開してまいります。


血圧サポート


<製品特長>
◆独自配合の成分が多角的にアプローチ
血圧とは血管内の圧力のことで、不摂生な生活習慣や日常生活のストレスなど複数の要因で上昇します。そこで、リニューアルに伴い、同製品「トリペプチドMKP(メチオニン‐リジン‐プロリン)と「γ‐アミノ酪酸(GABA)の二つの機能性関与成分を新しく配合しました。この二つの成分は血圧が上昇する異なる要因へ、それぞれアプローチすると考えられています。当社では、二つの成分のこれまで発表された機能性に関する研究論文を集め、総合的に検証する研究レビュー(システマティックレビュー)を実施し、「高めの血圧を下げ、正常な血圧を維持する」ことを 確認しています。の成分の組み合わせは当社のオリジナルです

◆少量で働く高機能成分「トリペプチドMKP」
成分の選定にあたって、「トリペプチドKP」(メチオニン‐リジン‐プロリン)が他のペプチドと比較して、血圧を上昇させる酵素の働きを阻害する力が強いことを確認しています。「トリペプチドMKP」は、少量で働く高機能成分であり、血圧が高めの方の健康をサポートします。

◆目安量が半分になり、飲みやすさを向上
より飲みやすさを考慮し、成分を厳選したことで1回の摂取目安量が6粒から3粒に、粒の大きさも直径1mm程度小さくなりましたサプリメントは、健康維持のため毎日摂り続けていただきたいものだからこそ、摂ること自体がストレスや負担にならないように配慮し、リニューアルしています。

<開発背景>
日本人のうち約4,000万人が高血圧とされ、厚生労働省「健康日本21(2次)」では、食生活・身体活動・飲酒などの対策推進で国民全体で血圧を下げることが提唱されています。また、2019年に「高血圧治療ガイドライン」が改訂され、血圧が高めとされる数値の範囲が拡大されました。このように、人生100年時代を迎える日本において、これからますます高めの血圧についてしっかりと対処していくことが求められています。そこで、当社は二つの機能性関与成分を独自に配合した、高めの血圧を下げる機能性表示食品を開発しました。


<製品詳細>
製品名:血圧サポート
価格<税込>:2,376円<本体価格:2,200円>
販売チャネル:通信販売、直営店舗
※ドラッグストアや量販店では、現行販売している「血圧ケア」(流通専用20日分サイズ)を「血圧サポート」(流通専用20日分サイズ)として10月以降にリニューアル予定です
内容量:90粒(30日分)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)