医療・医薬・福祉

眼科領域における国内初の再生医療等製品 自家培養角膜上皮 「ネピック(R)」発売

株式会社ニデック

 
 株式会社ニデック(本社:愛知県蒲郡市、代表取締役社長:小澤素生)は、角膜上皮幹細胞疲弊症(脚注1)の治療を目的とした自家培養角膜上皮「ネピック(R)」を発売いたします。ネピック(R)は、眼科領域では国内初の再生医療等製品です。

ネピック画像
 ネピック(R)は、患者さまご自身の角膜輪部組織(脚注2)から分離した角膜上皮幹細胞をシート状に培養したものです。本品を移植することにより、角膜上皮を再建させることを目的としています。
 従来の角膜上皮幹細胞疲弊症の治療法では、ドナー眼を用いた角膜移植術が実施されていますが、拒絶反応が起こるなど有効な治療法がありませんでした。本品は角膜ドナーが不要で、患者さまご自身の組織を移植するため、拒絶反応もないことが特長です。本品は、角膜上皮幹細胞疲弊症の治療法の新たな選択肢として眼科医療に貢献します。


(脚注1):角膜と結膜の境界領域である角膜輪部に存在する角膜上皮幹細胞が、先天的または外的要因等によって消失することで発症する疾患。角膜の透明性が失われ、視力の低下や眼痛などの臨床症状が見られる。
(脚注2):角膜と結膜の境界にあり、角膜上皮細胞の幹細胞が存在する部分。


 
 弊社は、眼科医療機器のリーディングカンパニーとして、再生医療を通して患者さまへ新しい生活をお届けし、QOL(Quality of Life)向上に貢献していきます。


(図1)移植フロー



 眼球の表面は角膜と結膜からなり、角膜は透明で血管がなく、層構造をしています(図2)。その最も外側にある角膜上皮は、角膜上皮細胞からなり、外界から細菌や化学物質の侵入を防ぎ、角膜内層を保護する役割を持っています。角膜と結膜の境界である角膜輪部には角膜上皮幹細胞が存在し、角膜上皮細胞を供給するとともに結膜上皮細胞の侵入を防ぎ、角膜上皮の透明性を維持する重要な役割を担っています。
(図2)眼の各部名称
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)