インテリア・雑貨 美容・健康

布地と縫製のプロが製品化!大阪の縫製工場がつくる、呼吸がしやすい冷感マスク「MISAKO MASK Breath(ミサコマスク・ブレス)」。

株式会社 FACTORY KURA
次世代冷感繊維「クールワン」使用。大手有名ブランド商品の製造を30年以上にわたって支え続けた実績を持つ縫製工場がオリジナルブランドで作る夏マスクは、洗濯して何度でも使うことができ経済的です。


服飾品や布小物の製造販売・OEMを行う大阪の縫製会社、株式会社FACTORY KURA(ファクトリークラ)(所在地:大阪府泉南市、代表取締役:太田綾乃)はこのたび、自社工場で縫製した「Made in OSAKA」のオリジナル冷感マスク「MISAKO MASK Breath(ミサコマスク・ブレス)」の販売を自社オンラインショップ「MISAKO」で開始いたしました。

わたしたちは、大手有名ブランド商品の製造を30年以上にわたって支え続けた実績を持つ大阪の縫製工場。

大量生産をせず、職人の育成と技術向上に力を入れることで品質を維持し、小ロット多品目な製造に対応してきた熟練した職人が一枚一枚手作業でつくる冷感マスクがこちらの「MISAKO MASK Breath(ミサコマスク・ブレス)」。

新型コロナウイルスの感染予防のため、気温が一気に上昇する夏にも外出時はマスクの着用が習慣となっていますが、息苦しい、暑苦しい、肌にベタッと貼りつくなどさまざまなお悩みがあります。

「MISAKO MASK Breath(ミサコマスク・ブレス)」は、そんな夏のマスクにかかわるお悩みを解消するために企画した、息がしやすいオリジナル冷感マスク。カラーは、グレー、ブルー、ブラックの3色となります。

表地は、太陽光を反射するクーリング効果と紫外線遮蔽効果があり、遮熱遮蔽カーテンにも使用されるUVカット素材「アロフト」を使用。紫外線を防ぎながら、マスク内側の温度を涼しく保ちます。鹿の子(かのこ)織りの凸凹感とさらっとした肌触りでより清涼感を引き立てています。


裏地には、肌にあてるだけでヒンヤリとした心地よい次世代冷感繊維「クールワン」を使用。「Q-MAX」という冷感数値は実に0.366の「強冷」となります。さらに通気性抜群の3次元ダブルラッセル構造により、熱を逃がし高い通気性を実現しました。


わたしたちは布地と縫製のプロとして、夏に着用するにあたり、いかに快適に着用できるかを独自に研究し、裁断から縫製まで独自の立体構造で仕上げました。お顔にベタッと貼りつかず、息苦しさや暑苦しさもありません。


「MISAKO MASK Breath(ミサコマスク・ブレス)」はもちろんお洗濯もOK。洗ってくり返し使えるため経済的です。お洗濯後も自然に元のかたちに戻るのもうれしいポイントです(お洗濯時はネットにいれることをおすすめします)。

耳ひもにはゴム紐の産地として有名な石川県かほく市のメーカーのソフトなゴム紐を使用。耳が痛くなりにくいのが特徴です。洗濯などでゴムがへたってしまった時のために、替えのゴム紐も付いております。

30年以上にわたり向き合ってきた布地と縫製のプロフェッショナルが「暑い夏にいかに快適に着用できるか」を考え抜き、生地のチョイスから裁断、縫製までを熟練した職人が一貫してつくった、FACTORY KURAのオリジナルマスク「MISAKO MASK Breath(ミサコマスク・ブレス)」。

わたしたちはこれからも、30年にわたり磨き上げてきた知識と技術を使って、世の中のニーズにあった役に立つ商品を作りつづけてまいります。

<商品情報>
商品名:「MISAKO MASK Breath(ミサコマスク・ブレス)」
素材:表素材 ポリエステル45%、コットンアロフトカノコ55%
   裏素材 ポリエチレン60%、ポリエステル40%
カラー:グレー、ブルー、ブラック
サイズ:Mサイズ 横幅:16.5cm 縦幅(耳ひも部分):8.5cm 縦幅(中央部分):11.5cm
    Lサイズ 横幅:18.5cm 縦幅(耳ひも部分):8.5cm 縦幅(中央部分):13.0cm
製造:日本製(100%自社工場)
付属品:替えゴム1組、ゴム通しのためのストロー、説明書

<参考URL>
MISAKO MASK Breath(ミサコマスク・ブレス)
http://shop-misako.com/shopdetail/000000001265/
MISAKO
http://shop-misako.com/
株式会社FACTORY KURA
https://factory-kura.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)