医療・医薬・福祉 美容・健康

【運動なしダイエット】『anan』も取り上げた話題の医療痩身クリニック「パームスクリニック」開院!

パームスクリニック
月額8,300円~受診できるダイエット専門のクリニック

ダイエット業界初の「頑張らずに痩せられるダイエット」の実現を目指した医療クリニック。 医療機器×薬剤×食事からアプローチし2ヶ月で結果を出せる。


日本初の、ダイエットを専門とした医療クリニック「パームスクリニック」。
今までのダイエットでは必須とも言える「運動」「過度な食事制限」
これを徹底して行うことで、ダイエットを成功させた方も多いと思います。
しかしそれと同時に、この2つがあるからこそダイエットが続かなかった、という人も少なからずいると思います。

パームスクリニックでは、医学的なアプローチにより「運動」「過度な食事制限」を行わなくてもダイエットで成功できると言われているダイエット専門のクリニックです。
次世代の医療機器を使用した施術や、ダイエット薬、漢方、管理栄養士により無理のない食事指導を行うことで、2ヶ月という短期間でのダイエット成功を目指します。
※只今「最大50%OFFのモニターキャンペーン」実施中



パームスクリニックでは、

・医学的にダイエット効果が高いと言われれいる医療機器による施術
・「GLP-1」を始めとするダイエット薬、漢方、管理栄養士による無理のない食事指導


以上の2つによる「外から行うダイエット」と「内から行うダイエット」の両方を取り入れることにより、ダイエット効果を最大化させることを目指した独自プログラムを考案しました。
その効果が注目され、あの有名雑誌『anan』でも取り上げられました。


「頑張って運動したけど全く痩せてない、、、」
「食事制限がツラくて長続きしなかった、、、」
「何回エステに行っても痩せない、、、」
「痩せたけど、生活を元に戻したらリバウンドした、、、」


こんな経験をしてダイエットに挫折してしまった方でも十分に目標の体重を目指せます。


そもそも個人でやるダイエットや、エステ、パーソナルジムでのダイエットが失敗しやすいのには理由があります。

まず「運動が大変だから続かない」というものがあります。
脂肪を減らすためには運動をして脂肪を燃焼するのが1番です。
しかし、人間の身体は急なエネルギー消費を受けると、生命維持のためにエネルギーを蓄えようとします。
その結果、体重が運動量に比例して落ちずモチベーションの低下に繋がります。

次に「食事制限が大変で続かない」というものもあります。
太ってしまう原因には、消費するエネルギー量以上に食事によってエネルギーを補給してしまうことが挙げられます。これを改善するためには、補給するエネルギー量を減らして摂取した分以上を消費することがダイエットに繋がります。
しかしだからと言って、急に食事量を減らすと空腹などのストレスにより「痩せにくくするストレスホルモン」が分泌され、余計に痩せにくくなってしまいます。


以上の効果により、個人でやるダイエットは失敗しやすいんです。


しかしパームスクリニックでは、
医療機器を使うことで「運動なし」を実現しながらダイエットを行う事ができます。

【医療用EMS EMslends】
強力な電磁場をマシンを当てた部分に与えることで、筋肉を強制的に収縮させ腹筋運動を促す医療機器です。
パームスクリニックで使用しているEMSは、通常の48億倍のパワーを出すことができます。
これを30分利用することで、腹筋運動を2万回行うのと同等の効果が得られます。




他にも「医療ハイフ」「医療ラジオ波」を使用した小顔を目指す特化型コースもあり、1人1人にあったダイエットコースを選び受診することができます。


またパームスクリニックでは、
ダイエット薬を使った「施術を受けていない自宅にいるときでもできるダイエットプログラム」も考案されており、2ヶ月間徹底的にダイエットを行うことができます。


以上の徹底したダイエットメニューにより、「運動・過度な食事制限なしの2ヶ月で行えるダイエット」を実現しました。

今までダイエットで成功したことのない方は、この機会に医療によるダイエットを試してみませんか?

【パームスクリニック新宿院】
院長:管理者 江越 正敏(えごし まさとし)
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-9-5ゴールドビル8階
TEL:03-6273-2613
公式WEB https://palms-clinic.com/
診療時間:11:00~20:00
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)