企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

中外製薬、AWSを採用 デジタル技術でオープンイノベーションを加速

アマゾンジャパン合同会社
AWS上の全社データ利活用基盤で2020年末までに100件の共同研究プロジェクトに対応可能に


(東京、2020年7月15日発表)Amazon.com, Inc.の関連会社であるアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社は本日、研究開発型の製薬企業として市場をリードする中外製薬株式会社(以下、中外製薬)が同社の全社データ利活用基盤「Chugai Scientific Infrastructure(CSI)」にAWSを採用したことを発表しました。

中外製薬は革新的新薬の創出を目指し、2020年末までに社外の研究者と100件の共同研究プロジェクトを運用可能な研究開発環境をCSI上に整備する計画です。全社データ利活用基盤であるCSIにAWSを採用することにより、同社はアカデミアおよび医療機関、パートナー企業等、外部との共同研究プロジェクトをセキュアに推進することができるようになります。同時に、デジタル技術によってビジネスを革新し、社会を変えるヘルスケアソリューションを提供するトップイノベーターとなることを掲げた中外製薬の「CHUGAI DIGITAL VISION 2030」の実現に向け、新薬の創出から開発、患者アウトカムに至るプロセスをデータで可視化し、革新していきます。

中外製薬と、同社が共同研究を進める外部のパートナーは、AWS上で安全かつ信頼性の高い環境でゲノミクスやデジタルバイオマーカーなどのリアルワールドデータを保存し、分析しつつ、最新成果を共有することができます。同社はさらに、共同研究に必要なITリソースの調達期間を6か月から2週間に短縮するとともに、導入コストを従来と比べて90%削減しました。

中外製薬 執行役員 デジタル・IT統轄部門長の志済 聡子氏は、以下のように述べています。「Chugai Scientific Infrastructureは、デジタルトランスフォーメーションの推進に向けた中外製薬のデジタル戦略の柱であり、創薬のみならず、臨床開発や製造など一連のバリューチェーンの最適化も目指しています。当社の研究パートナーは、AWSを基盤としたこのオープンなデジタルイノベーション基盤により、優れた信頼性とセキュリティを確保しながら、演算やストレージ・リソースにワンストップでアクセスできるため、より連続的なイノベーションの実現を加速できるようになると期待しています。機械学習といったAWSの革新的なサービスや、AWSのパートナー企業による幅広いネットワークを活用することで、当社の生産性を向上し、将来求められる医療の実現に取り組んでまいります。」

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 代表取締役社長 長崎 忠雄は、以下のように述べています。「中外製薬様のデジタルトランスフォーメーション戦略をサポートできることをうれしく思います。製薬業界のお客様は、AWSの幅広いサービスを活用することでイノベーションを加速しています。生産性の向上、患者さん中心の個別化医療の実現、未解決の医療ニーズへの対応に向けた中外製薬様の取り組みを、今後も引き続き支援してまいります。」

アマゾン ウェブ サービスについて
アマゾン ウェブ サービス(AWS)は約14年にわたり、世界で最も包括的かつ幅広く採用されたクラウドプラットフォームになっています。AWSは、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワーキング、分析、ロボット工学、機械学習および人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、モバイル、セキュリティ、ハイブリッド、仮想現実(VR)および拡張現実(AR)、メディア、ならびにアプリケーション開発、展開および管理に関する175種類以上の十分な機能を有するサービスを提供しています。AWSのサービスは、24の地理的リージョンにある76のアベイラビリティーゾーン(AZ)でご利用いただけます。これに加え、インドネシア、日本、スペインを含む3の地理的リージョンにおける9のAZの開設計画を発表しています。AWSのサービスは、アジリティを高めながら同時にコストを削減できるインフラエンジンとして、急速に成長しているスタートアップや大手企業、有数の政府機関を含む数百万以上のアクティブなお客様から信頼を獲得しています。AWSの詳細については以下のURLをご参照ください。https://aws.amazon.com/

Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom(http://amazon-press.jp)およびAmazon ブログ(http://blog.aboutamazon.jp)から。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)