医療・医薬・福祉

高齢者福祉施設に不足する防護服を寄贈

株式会社Xenoma
再拡大する新型コロナ対策支援として

スマートアパレル「e-skin」を展開する株式会社Xenoma(本社:東京都大田区、代表取締役CEO:網盛 一郎、以下「Xenoma」)は、新型コロナウイルス感染症のクラスターを公表された東京都内の介護施設に、国産の医療用防護服を寄贈いたしました。



新型コロナウイルス感染症に罹患された国内外の皆様、及び関係者の皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

新型コロナウイルスの新規感染者数が東京都で連日100人を超え、再拡大の懸念が高まる中、未だ全国の高齢者福祉施設ではマスクや防護服などの衛生用品が不足している状況です。中でもネット販売で流通している防護服は未だに高騰が続いております。

今回寄贈した防護服は厚生労働省、ならびに米国CDC(Centers for Disease Control and Prevention)の個人防護具推奨要件を満たした使い捨ての国産医療用防護服です。
Xenomaはアパレル製造の知見をいかし、コロナ禍で景気回復不透明な中、国内フィルム工場および国内縫製工場と協力して、医療用防護服の国内生産を開始しました。
介護ケアは食事や入浴、排泄介助など身体に直接触れて行う動作が避けられません。
使い捨て防護服は感染リスクの高い医療現場において必要なものですが、重症化しやすい高齢者の多い介護福祉施設でもXenomaの製品がすでに使用されています。

Xenomaでは、今後も国産防護服を含む衛生用品・介護システムの開発生産を通じ、継続的なコロナ支援活動を行ってまいります。

なお、本防護服は弊社ECサイトからもご購入いただけます。

【みんなやさしい 布マスクSHOP】
https://shop.xenoma.com/


【寄贈品仕様】
素材:ポリエチレン(撥水性)
カラー:ブルー
サイズ:男女兼用(長袖・着丈1150mm以上)
Made in JAPAN
※単回使用に限ります
※脱衣時は首の後ろ及び腰ひもを手で裂いて外し、廃棄できます






【株式会社Xenoma】
東京大学・染谷研究室/JST ERATO染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクトのスピンオフとして設立されました。スマートアパレル(衣服型デバイス)「e-skin」を通じて、日常生活における楽しみや利便性を向上し、さらに安心安全な社会の実現に貢献するための「予防医療」に繋がる製品やサービスを開発、提供しています。
https://xenoma.com/


【会社概要】
株式会社Xenoma(Xenoma Inc.)
設立:2015年11月2日
本社: 東京都大田区大森南4-6-15 テクノFRONT森ヶ崎303
代表取締役CEO: 網盛 一郎
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)