デジタル製品・家電 美容・健康

“自宅でカラダを動かそう!”アスリートやトレーナーが人気のコンディショニングツールの使い方を伝授

株式会社ドリームファクトリー
3Dコンディショニングボールシリーズがお求めやすい価格に!https://www.dr-air.com/jp/ja/training/

株式会社ドリームファクトリー(本社:大阪市北区 代表取締役:井上 馨)が展開する、ヘルスケアイノベーションの考えのもと、カテゴリーを問わず様々な健康ソリューションを提案するトータルボディケアブランド『ドクタ―エア』では、アスリートやトレーナーによる人気のコンディショニングツールの使い方を紹介するコンテンツをドクターエア公式サイトにて掲載。


トップアスリートの愛用者も多数の人気のコンディショニングツールの使い方をアスリート直々に紹介!競技によるアスリートこだわりのセルフケア方法や、トレーナーによる専門的な使用方法など様々な動画を紹介されているので、是非チェックしてみてください!

■ドクターエア宅トレ部
https://www.dr-air.com/jp/ja/training/


■自宅でカラダを動かそう!
https://www.dr-air.com/jp/ja/workout_athome/




また、今回のステイホーム週間を受け、セルフコンディションをもっと手軽に取り入れていただけるよう、人気のコンディショニングツール【3Dコンディショニングボールシリーズ】がお求めやすくなりました!

【3Dコンディショニングボール】
新価格 12,800円(税込)
旧価格 14,259円(税込)
https://www.dr-air.com/jp/ja/products/3d-conditioning-ball/


3分間に最大12,000回の超微振動で表層筋肉から深層筋肉までアプローチできるセルフストレッチツール。体の曲線にフィットする球体形状だからこそ関節部などの曲線はもちろん、腕や手首・足首など細かな部位にもピンポイントでしっかりアプローチでき、より効率よく時短でセルフストレッチをサポート。


【3Dコンディショニングボール スマート】
新価格 9,800円(税込)
旧価格 11,000円(税込)
https://www.dr-air.com/jp/ja/products/3d-conditioning-ball-smart/


ドクターエアの人気ストレッチサポートツール『3Dコンディショニングボール』から、ヒーター機能が追加されたコンパクトモデルが登場。本体は直径90mm、質量300gとりんご1個程のコンパクトさ。カラーバリエーションはカラフルなブラック・ピンク・パープル・グリーンの4色。


〔製品概要〕

【3Dコンディショニングボール】価格:12,800円(税込)
https://www.dr-air.com/jp/ja/products/3d-conditioning-ball/

■時短セルフストレッチ

【ドクターエア 3Dコンディショニングボール】は、 球体形状で体との接地度も高く、体の部位ピンポイントで振動アプローチが可能となり、表層筋肉から深層筋肉への振動を届けるので、セルフストレッチをより効果的にサポート。



■シリコン素材&縦・横・斜めのスリット
使用時の製品スリップによるケガやアプローチ部位のズレを防止するため、様々な角度にスリットデザインを施すと共に、肌負担の軽減とフィット感の向上、振動音の防止に使用感を損なわない厚さ1mm~3mmのシリコン素材を採用。



■アシストカバー
付属のアシストカバーを使用すれば、肩・肩甲骨・背中・腰などにも手軽に使用可能。



【3Dコンディショニングボールスマート】価格:9,800円(税込)
https://www.dr-air.com/jp/ja/products/3d-conditioning-ball-smart/

■簡単モード切替
モード切替はボタン1つで簡単!振動させずヒーターのみでの使用も可能

1.電源オン
2.ヒーターのみ
3.ヒーター+振動レベル3
4.ヒーター+振動レベル2
5.ヒーター+振動レベル1
6.電源オフ
※長押しでヒーターオン/オフ切替


■コンパクトサイズ
90mmの手のひらサイズでフェイスラインなど気になる部位も優しくケア


■カラーバリエーション



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<企業情報>
企業名: 株式会社ドリームファクトリー
住所: 〒530-0001 大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビル16F
代表取締役: 井上馨
TEL: 06-6346-1170
http://www.dr-air.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)