医療・医薬・福祉 出版・アート・カルチャー

アッヴィ、乾癬患者さん応援ソング「晴れゆく道」完成記念イベント 「お台場乾癬塾」を開催

アッヴィ合同会社
~乾癬患者さんでもあるヒャダインさんと一緒に乾癬を知ろう~

●2019年5月18日、お台場 VenusFort ヴィーナスフォートにて開催 ●専門医によるクイズイベント、音楽クリエイター ヒャダインさんトークショーなど ●ヒャダインさんがご自身の乾癬に関する体験談や応援ソングに込めた想いを語る


アッヴィ合同会社(本社:東京都港区、社長:ジェームス・フェリシアーノ)は、乾癬患者さん応援ソング「晴れゆく道」完成の記念として、2019年5月18日にお台場 VenusFort ヴィーナスフォートにて「お台場乾癬塾」を開催いたします。

乾癬は、慢性の炎症性皮膚疾患で、国内に約43万人の患者さんがいると報告されています1。疾患認知が低く、患者さんは精神的に大きな負担を抱え込み、社会生活に支障が出ることも少なくありません。

そこで「お台場乾癬塾」では、東京医科大学 皮膚科学分野 教授の大久保ゆかり先生による解説のもと、クイズを通じて一般の参加者の皆様に乾癬について学んでいただきます。また、乾癬患者さん応援ソングの作詞・作曲者でもある音楽クリエイターのヒャダインさんより、ご自身の体験談や楽曲に込めた想いをお話し頂きます。ヒャダインさんは、2012年に尋常性乾癬を発症し、確定診断されるまで2年かかった経験をもつ乾癬患者さんでもあります。当日は乾癬患者さん応援ソング「晴れゆく道」のミュージックビデオも会場にて放映いたします。

「お台場乾癬塾」開催概要
■日時:
2019年5月18日(土) 16:00~17:30(開場:15:30)

■会場:
お台場 VenusFort ヴィーナスフォート 2F 教会広場
<ヴィーナスフォートまでのアクセス>
https://www.venusfort.co.jp/access/
<教会広場の場所(2Fフロアマップ)>
https://www.venusfort.co.jp/floormap/2f.html

■入場料:
無料
(※当日は報道関係者による取材が入ります。また、観覧者多数の場合には立ち見となる可能性がございます。)

■当日プログラム:
16:00   開会
16:05-16:20 「クイズで学ぼう!乾癬」
16:20-16:30  乾癬患者さん応援ソング「晴れゆく道」ミュージックビデオ放映
16:30-17:00  ヒャダインさんトークショー
17:00-17:30  パネルディスカッション

■登壇者:
東京医科大学病院 皮膚科 教授 大久保ゆかり 先生
ヒャダインさん
一般社団法人INSPIRE JAPAN WPD乾癬啓発普及協会 代表者

■主催:
アッヴィ合同会社

■協力:
一般社団法人 INSPIRE JAPAN WPD 乾癬啓発普及協会


乾癬について
乾癬は、慢性の炎症性皮膚疾患で、国内に約43万人の患者さんがいると報告されています1。
乾癬の皮疹では皮膚に炎症が起きて赤くなり、皮膚の新陳代謝が異常になることで盛り上がり、表面に銀白色の鱗屑(りんせつ)が現れ、それがフケのようにはがれ落ちるようになります。頭皮や爪など人目に付く部分に症状が現れやすいため、日常生活や社会生活に大きな影響を及ぼすことが知られています。さらに、疾患認知が低いため、またその疾患名から感染症と誤解され、偏見に悩む患者さんも少なくありません。WHOの「世界乾癬レポート2016」でも、そうした患者さんをとりまく社会的な環境を改善させるためには、乾癬の疾患認知を高めることが急務であることが報告されています2。

ヒャダイン氏について
本名 前山田健一。3歳でピアノを始め、音楽キャリアをスタート。京都大学卒業後、作家活動を開始。匿名の「ヒャダイン」として動画サイトへの投稿が話題になる。一方、本名での作家活動でも提供曲が2作連続でチャート1位を獲得。2010年にヒャダイン=前山田健一である事を公表。アイドル、J-POPからアニメソング、ゲーム音楽など多方面への楽曲提供を精力的に行い、自身もアーティスト、タレントとして活動中。

一般社団法人INSPIRE JAPAN WPD 乾癬啓発普及協会について
乾癬の一般認知度向上と正しい情報の啓発普及のための活動を行うことを目的として設立された団体です。乾癬が身体的、精神的および社会的に極めて深刻な疾患であるという認識を広め、乾癬に関する誤解や偏見を払拭して、乾癬で苦しむ人がいない世界をめざして活動を行っています。
詳しくは、http://www.inspirejapan-wpd.net/ をご覧ください。

アッヴィについて
アッヴィは、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品企業です。世界で最も複雑かつ深刻な疾患に対する、革新的な先進治療薬の開発を行っています。その専門知識、献身的な社員、イノベーション実現に向けた独自の手法を通じて、免疫疾患、がん、ウイルスおよび神経疾患の4つの主要治療領域での治療を大きく向上させることをミッションに掲げています。世界中の人々が持つ健康上の課題への解決策を進歩させるため、75カ国以上の国でアッヴィ社員が日々取り組んでいます。アッヴィの詳細については、www.abbvie.com をご覧ください。Twitterアカウント@abbvie、Facebook、LinkedInやInstagramでも情報を公開しています。

日本においては、1,000人を超える社員が、医療用医薬品の開発、輸入、製造販売に従事しています。自己免疫疾患、新生児、肝疾患、神経疾患、がんの各領域を中心に、患者さんの生活に大きく貢献できることを願っています。詳しくは、www.abbvie.co.jpをご覧ください。

1. Kubota, K., et al.: BMJ. Open., 5:1, 2015.
2. 日本乾癬患者連合会、「世界乾癬レポート2016」、2016
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会