住宅・建築・建設 医療・医薬・福祉

高齢者と若者が共同生活。Hidamariと茅ヶ崎の病院が共同で、元介護施設を多世代共生型のシェアハウスへリニューアル。

Hidamari株式会社
Hidamari株式会社(所在地:熊本県熊本市、代表:林田直大)は、熊本発でコミュニティ重視型シェアハウス「シェアハウスひだまり」を展開し、熊本、福岡、東京、横浜、鎌倉・湘南、横浜、埼玉、大阪の8エリアで合計40棟のシェアハウスを運営管理しています。 今回、新たな取組みとして、病院と連携して多世代共生型シェアハウスの運営を開始。今回連携させていただいた神奈川県茅ヶ崎市の「おざさ医院」(医院長:小笹貴夫)の隣にあり、おざさ医院が介護施設を運営していた物件をシェアハウスとしてリニューアルいたしました。


おざさ医院 医院長 小笹貴夫さん

※シェアハウスひだまり:https://sharehouse-hidamari.com
※[多世代共生型]シェアハウスひだまり「辻堂」:https://sharehouse-hidamari.com/tsujido




多世代共生型 シェアハウスひだまり「辻堂」について
取締役 中原 琢よりコメント
コミュニティ重視型シェアハウスブランド「ひだまり」について
「Hidamari株式会社」について




1. 多世代共生型 シェアハウスひだまり「辻堂」について
辻堂駅の北口から自転車で10分のほどの場所にある、6LDKの多世代共生型シェアハウスです。既に2名の高齢者の方が入居が決定しており、今後は高齢者から若い世代までの入居をミックスさせることで、多世代共生型のシェアハウスとして運営。畑の利用などもできるためスローライフを送りたい人にオススメで、シェアハウスを共同運営するおざさ医院が隣接しているため体調に高齢者の方も安心して暮らせる部分も多いかと思います。
※物件の詳細はコチラをご覧ください→https://sharehouse-hidamari.com/tsujido













2. 取締役 中原 琢よりコメント
日本の高齢化が進む中、高齢者向けシェアハウスについての話題がよく出ますが、高齢者向けシェアハウスはシェアハウス事業者の中でも運用は、課題が多く難しい言われてきました。
ですので今回は、小笹医院との協業によって、高齢者ならではの難しさや課題感を取り除きつつ、若者と高齢者が共同して生活できる場を作ります。 これは、様々な価値観や文化などが交わる場をつくることに重点を置いている僕たちだから出来る取り組みだと考え、取り組んでまいります。


3. コミュニティ重視型シェアハウスブランド「ひだまり」について
まず、コミュニティ重視型シェアハウスに明確な定義はありません。それぞれのシェアハウス事業者が自分たちなりの考えを持っています。
そのなかで、弊社が大事にしているのは、コミュニティとして捉える広さとその多様性です。
それぞれのシェアハウスの中で個人と個人が繋がることはもちろん。大家さんと住人の繋がり、地域のシェアハウスとシェアハウスの繋がり、他の地域のシェアハウスとの繋がり、日本人住人と外国人住人との繋がり、住人と元住人との繋がり。
シェアハウスを通して生まれる全ての繋がりを一つのコミュニティとして、育てています。


4. 「Hidamari株式会社」について
弊社は「陽の当たる場所を作る」というビジョンと「多様性を受け入れ、活かす人を増やす」というミッションを掲げ、コミュニティ重視型シェアハウスブランド「ひだまり」( http://sharehouse-hidamari.com )を運営管理する会社です。
2012年に熊本で創業し、熊本、福岡、東京、横浜、鎌倉・湘南、横浜、埼玉、大阪の8エリアで事業展開。現在は、8エリアで合計40棟のシェアハウスを運営しています。

◆会社情報
Hidamari株式会社
所在地:熊本県熊本市中央区下通1-12-27 CORE21 下通ビル5F
創業:2012年2月
代表取締役:林田直大
事業内容:シェアハウスの企画・運営・管理
http://hidamari.company
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)