広告・マーケティング ビジネス・コンサルティング

世界のピーナッツソース市場ータイプ別(スムーズ、カリカリ)、アプリケーション別(ペースト、ペストリー)、および地域別COVID-19インパクトのサイズ調査、予測2020-2027年

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「世界のピーナッツソース市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年7月 18日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。


ピーナッツソースは、世界中でさまざまな料理で広く使用され、人気のあるドライローストピーナッツから作られた健康食品です。ピーナッツソースは、主に野菜、肉、鶏肉に使用され、食事に風味を追加したり、Gado-Gadoなどのサラダドレッシングに使用したり、パンのスライスなどの朝食に使用したりしています。ピーナッツソースは健康的な食事の成分です。低カロリーなどのピーナッツソースの栄養上の利点は、グローバルピーナッツソース市場の消費と成長を促進します。市場の主要企業は、消費者に広く採用されているチョコレートメープル、オレンジ、シナモン、レーズンなどの新しいフレーバーと統合することにより、古い製品をアップグレードしています。ピーナッツには、砂糖のレベルを維持し、人の心臓の健康を高める栄養素が含まれています。さらに、2019年のMedia Today Newsによると、ピーナッツソースは摂取量が減少するため、乳房疾患のリスクを軽減するため、体重の維持(増減)に役立ちます。

同様に、2018年のEPIC-PANACEAの科学者による研究によると、ピーナッツを含むナッツを比例的に摂取すると、個人の要件に従って体重増加または肥満のリスクが低下します。COVID-19パンデミックにより、製造業は封鎖の最中に閉鎖されるため、需要が影響を受けます。ロックダウンの状況により、輸送と工場の両方が機能しなくなり、高需要と低供給をもたらしました。それでも、ロックダウンの低下により、栄養の利点とその味が市場の主要な推進要因の一つであり続けるため、市場の成長はエスカレートします。2019年、International Food Information Councilがアメリカ人に対して行った調査によると、4人に1人の消費者が健康的な食事を求めています。しかし、世界中の生産率の変動と相まって、競争力のある価格でピーナッツを入手できることが、2020ー2027年の予測期間中に市場の成長を妨げる抑制要因です。



調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

世界のピーナッツソース市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。北米は、この地域の主要な市場プレーヤーの強力な存在とともに、ピーナッツの十分な入手可能性を提供する世界の主要な/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域は2020~2027年の予測期間で最高の成長率/ CAGRを示すと予想されています。健康的な食事の摂取量の増加やピーナッツソースの消費量の増加などの要因は、アジア太平洋地域全体のピーナッツソース市場の有利な成長の見通しを作成します。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10324857


世界のピーナッツソース市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。


世界のピーナッツソース市場は、タイプ別(スムーズ、カリカリ)、アプリケーション別(ペースト、ペストリー)、および地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。


レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「世界のピーナッツソース市場」というタイトルのレポートは、世界のピーナッツソース市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の世界のピーナッツソース市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。世界のピーナッツソース市場における業界のリーダーはジフ(J.M.スマッカーカンパニー)(米国)、Peanut Butter&Co.(米国)、スキッピー(米国)、プランター(米国)、ピーターパン(コナグラブランド別)(米国)、トレーダージョーズ(アメリカ)、Thrive Market (米国)、Adams(R)Peanut Butter Company(米国)、PBfit(BetterBody Foods)(米国)などです。

このレポートでは、ポーターの五つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.kennethresearch.com/report-details/global-peanut-sauce-market-/10324857
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)