ビジネス・コンサルティング 医療・医薬・福祉

フィンチジャパン、世界唯一の自殺リスク予見アプリ開発の米Voi, Inc. と業務提携

株式会社フィンチジャパン
2分で72時間以内の自殺リスクを94-98%の確度で予見、日本国内で展開へ

 企業の新規事業開発支援やスタートアップへの投資事業を通じて「ビジネスフロンティア開拓事業」を行う株式会社フィンチジャパンは、2020年7月20日、自殺リスクを予見する世界唯一のアプリを開発するVoi,Inc.と業務提携契約を締結致しました。  Voi,Inc.が開発する「Voi Detect」は、自殺の体系的専門リスク評価(SERAS)を含んだ簡単な質問に答えるだけで、72時間以内の自殺リスクを、精神科医の診断と比較し、94-98%の確度で予見することができるアプリです。Voi Detectはアメリカ国内では医療機関や軍で導入されており、高い自殺率の日本でも、医療機関や教育機関、企業の労務管理で活用されることが期待されています。  フィンチジャパンは今回の提携において、からだポータル株式会社とともに「Voi Detect」の事業性調査を行い、国内展開を支援します。当社が持つ独自の新規事業開発のノウハウを活用し、「Voi Detect」を日本国内で展開していきます。    今後も、フィンチジャパンは、ヘルスケア分野などに新規事業開発を、提携パートナーとともに挑戦し続けて参ります。





■たった2分で72時間以内の自殺リスクを94-98%の確度で予見することができるアプリ
 Voi,Inc.は、ダートマス大学で心理学と脳科学を教えるビル・フデンコ博士を中心に、2017年に設立されたヘルスケアスタートアップです。Voi,Inc.は、72時間以内の自殺を、精神科医の診断と比較して94-98%の確度で予見できる世界唯一のアプリ「Voi Detect」を開発し、既に医療機関や軍で自殺予防のために活用されています。

「Voi Detect」は、自殺の体系的専門リスク評価(SERAS)を含んだ評価を行い、アンケート、さらには行動上の健康状態を評価するための独自の手段を用いて、自殺リスクをスコアとして生成し、算定します。また、生成したスコアなどのデータを電子カルテとも同期させて、対象者のその後のケアに繋げることができます。

 これらのリスク評価には通常30分以上の時間と、約200ドルの費用がかかりますが、「Voi Detect」の導入で、2分で調査結果を出すことができ、コストも抑えることができます。

 Voi,Incは、これまでVCなどから1400万ドル調達し、2020年には2200万ドル調達する予定です。





■フィンチジャパンとからだポータルが日本における「Voi Detect」の事業性を調査
 フィンチジャパンは2006年の創業以来、一貫して企業の新規事業開発の支援を行なってきました。新規事業の立案において、フィンチジャパンは市場性の分析と事業性の分析という独自の手法を用いて、企業のビジネスフロンティアを開拓する事業を行なっています。近年では、投資事業を通じて自らスタートアップの経営に携わる形での新規事業の開発も行なっています。

 Voi,Inc.とフィンチジャパンの業務提携においては、フィンチジャパン独自の新規事業開発手法を用いて、「Voi Detect」の日本における展開を進めていきます。日本市場での展開においては、フィンチジャパンの資本業務提携先であるオンラインヘルスケアサービスを展開する、からだポータル社とともに、医療分野での活用可能性を調査してまいります。

 日本は、先進国の中で最も高い自殺率の国の一つであり、「Voi Detect」は日本において、労働者の健康管理プログラム、カウンセラーや医療関係者、人事部・管理職に活用されることが期待されています。

 フィンチジャパンはVoi,Inc.のパートナーとして、将来の日本法人設立も視野に入れつつ、事業を展開していきます。


■からだポータル株式会社代表取締役井内伸一氏のコメント
「Voi Detect」の日本展開にあたり、からだポータル株式会社が市場調査をサポートします。からだポータルは、民間医療法人出身者により設立されたオンラインヘルスケアサービスを提供する会社です。民間医療法人とのパイプを活用し、医療関係者の生の意見を重視した市場調査を行います。

 日本においては年間約2万人の自殺者がいますが、自殺未遂者はその10倍とも言われています。自殺未遂者は救急搬送されますが、退院までに必ずしも十分な精神的ケアをうけられるわけではないため、自殺未遂を繰り返してしまうことがあるのが現状です。

「Voi Detect」を活用することでこれらの自殺未遂者を減らすことができれば、疲弊する医療現場の負担を軽減することにも繋がることを期待します。


■Voi,Inc.CEO ビル・フデンコ博士コメント
 私たちのVoiは日本において差し迫った自殺リスクのスクリーニングプロセスを改善することにより、何千人もの命を救える可能性があると信じています。FinchJapanとのパートナーシップにより日本の皆様にVoi Detectを提供できる日を目指して推進していきます。


■フィンチジャパン代表取締役高橋広嗣のコメント
 VOI, Ink.は、社会的に大きな課題である自殺のリスクを、テクノロジーを駆使して事前に予見できるアプリを開発しており、日本においてもこの事業を展開する社会的意義が非常に大きいと考えています。フィンチジャパンは、テクノロジーを活用したヘルスケア分野において、次世代のビジネスの可能性を感じており、今後も同分野において、積極的に事業を展開していきたいと考えております。


■ヘルスケア分野において新規事業開発を行うフィンチジャパン
 フィンチジャパンは、オンライン診療解禁などの流れやテクノロジーの進歩により、ヘルスケア分野において新規事業開発の可能性が大いにあると確信しており、同分野に対して、投資や業務提携を積極的に行なっています。2020年4月には、オンラインヘルスケアサービスを展開する、からだポータル株式会社と資本業務提携を発表しました。今後も、積極的に同分野において新規事業開発を行っていきます。


■株式会社フィンチジャパンについて
 株式会社フィンチジャパンは、大手コンサルティング会社出身の代表の高橋広嗣が、企業の新規事業という「ビジネスフロンティア」を企業とともに開拓することに使命と意義を感じ、2006年に設立した会社です。企業の新規事業とは、既存事業の延長ではなく、企業がこの先も存続するための経営資源を増やすことであるという考えのもと、新規事業開発に対する独自の理論を構築し、企業の新規事業立ち上げ支援や、自らスタートアップに投資することによる新規事業開発を行っています。
https://company.finchjapan.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)