医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

妊娠SOS相談窓口の立ち上げ及び拡充を目的とした助成を公募します

公益財団法人 日本財団
コロナ禍で急増した妊娠相談に対応

日本財団(東京都港区、会長 笹川陽平)は、2020年7月21日より、思いがけない妊娠をした女性が匿名で相談できる妊娠SOS相談窓口の新設及び既存窓口の体制強化を目的に、助成事業の募集を開始します。本助成事業を通じて1.虐待死の予防 2.子どもの安心・安全な養育環境の保障(特別養子縁組や里親など)3.妊娠期からの支援による良好な親子関係の構築 4.母子の健康の保障 を目指します。



コロナ禍で妊娠相談が急増、社会の援助は不十分

新型コロナウイルス感染症の影響により、一斉に学校が休校となった中、中高生からの妊娠相談が増加しました。妊娠SOS相談窓口を運営している特定非営利活動法人ピッコラーレによると、2020年4月の相談件数が前年同月比で約1.5倍となりました。相談の手段はメールやSNS等によるものが増加しています。

一方で、各自治体が行っている妊娠SOS相談窓口は、開設時間が限定的であったり、医療機関への付き添い支援がないなど、量的にも質的にも相談窓口の体制が不足しているのが現状です。こうした状況は、思いがけない妊娠をした女性の社会的孤立を深め、結果的に妊婦検診未受診や、生まれてきた子どもの虐待死につながることもあります。特に国内の虐待死(年間約50件)のうち半数は0歳児であることから、妊娠中からの支援が重要です。


「思いがけない妊娠」からの虐待死を防ぐために

そこで日本財団は、一人で悩む女性に寄り添い、適切な支援につなぐため、この度「妊娠SOS相談窓口の新設および拡充にかかる助成」を開始することとしました。本助成事業では、1.虐待死の予防 2.子どもの安心・安全な養育環境の保障(特別養子縁組や里親など)3.妊娠期からの支援による良好な親子関係の構築 4.母子の健康の保障 を目指します。


窓口運営に助成、数年間で相談実績を積み都道府県からの受託を目指す

本助成事業では、相談窓口の立ち上げや既存の相談窓口体制の拡充のための費用を、補助率80%以内、2000万円を上限に助成します。助成により相談窓口を運営し、相談実績を積むことで、数年後には都道府県等からの受託を目指します。
募集の概要については、以下をご覧ください。

1. 対象団体
特定非営利活動法人、一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人、社会福祉法人

2. 申請受付期間
2020年7月21日(火) ~ 8月21日(金)

3. 対象となる事業
妊娠SOS相談窓口の新規立ち上げ、既存の妊娠SOS相談窓口の拡充

4.事業期間
助成決定日(2020年10月中旬)以降~2022年3月31日まで

5. 応募条件
・妊娠SOS相談窓口体制の条件
 ー電話だけでなく、SNSやメールでも匿名相談に応じられること
 ー必要に応じて面談や、病院・市役所等への付き添い支援を提供できること
 ー妊娠にかかわる生活支援・社会福祉・児童福祉制度などについて説明が可能であること(社会的養護の制度を含む)
 ー相談員、助産師、社会福祉士などの専門職がおり、アドバイスが提供できること
 ー行政との連携が期待できること など
・研修、連絡会議等への参加
・効果測定への協力

6.その他
申請方法等詳細については、日本財団公式ウェブサイト(募集要項)をご覧ください。
https://www.nippon-foundation.or.jp/grant_application/programs/happy-yurikago-sos
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)