美容・健康

『ボタニカル リペア プロ 』トリートメントメニューアヴェダ サロンにて2020年 7 月 27 日(月)より展開スタート

ELCジャパン株式会社 アヴェダ事業部


未来のダメージケアが、今ここに。
アヴェダにおける最高峰のダメージケアの誕生です。

新ヘアケアシリーズ『ボタニカル リペア』 は、毛髪内部の損傷した結合に着目し、植物による「ボタニカル ボンド テクノロジー」 を搭載。低分子の植物由来成分がコルテックスに浸透し、キューティクルと髪表面を覆う保護膜それぞれにアプローチする植物由来成分を採用。今あるダメージを補強・補修し、髪はまるでドラマティックに生まれ変わったかのように、輝きに満ちた健やかな印象へ。

■6 年以上ものボタニカル成分研究
日本人女性の髪の悩みとして 約35%(※2)の人が「髪のダメージ」を挙げています。また、髪の強度への悩みは約37%(※2)とこれまでのダメージを補修という切り口だけでなく、髪の強度を上げるケアやダメージにつながる他の要因をケアする、複合的でより高機能なケアへのニーズあることがわかりました。
『ボタニカル リペア』はグリーンテクノロジーに着目をし 6 年かけて開発。その結果、アボカド・グリーンティー・サチャインチによる 3 種のオイルブレンド(※2)など、94%以上自然界由来成分(※3)からなるシリーズが生まれました。

■パワフルな植物による、「ボタニカル ボンド テクノロジー」 (※4)
『ボタニカル リペア』は、植物由来の修復技術により、3 つの主要な髪の層を修復して保護します。ダメージヘアの原因の1つは、毛髪内部のケラチン間結合の損傷にあります。アヴェダは、この損傷した結合に着目。内側のコルテックスに浸透し、キューティクルと髪を一番外側で保護する F レイヤーにも働きかけ、髪の 3 層(※5)にアプローチ。髪を補強・補修し、輝きに満ちた健やかな印象へと導きます。さらに、『ボタニカル リペア』は、髪のダメージケアや強度を求めている方のために開発されました。パーマやカラーを含む、すべての質感の髪にご使用いただけます。


※1 アヴェダ調べ( N=2,063 )
※2 アボカドオイル アボカド油 ・グリーンティーオイル ユチャ種子油 ・サチャインチオイル プルケネチアボルビリス種子油
※3 自然界由来成分とは、成分の由来の大半が植物、非石油系ミネラル、または水であることを意味します。
※4 配合成分は製品により異なります。
※5 コテックス・キューティクル・ F レイヤー





■『ボタニカル リペア プロ 』トリートメントメニュー
アヴェダ サロンにて2020年 7 月 27 日(月)より展開スタート


アヴェダ サロンでは、プロフェッショナル ライン 「ボタニカル リペア プロ」 を使用した、トリートメント メニューの展開をスタートします。9 月 2 日(水)より全国のアヴェダ サロン、アヴェダ ショップで発売される
『ボタニカル リペア シャンプー』 と 『ボタニカル リペア リーブイン トリートメント』 もご体感いただける新しいメニューです。

※7月 27 日(月)より順次アヴェダサロンにて取り扱いをスタートしていきます。詳しくはサロンにお問い合わせください。

トリートメント メニュー

■ボタニカル リペア ボンド ケアカラー トリートメント

施術時間(目安)(※10)  :20 分+カラー所要時間


カラー施術と併用して行うトリートメント。
カラー特有のダメージをケアし、髪を内側から補強・補修。カラーヘアを均一に、
また、カラーの持ちをサポート。仕上げのボンド
トリートメントの追加で、輝きに満ちた健やかな髪に導きます。

■ボタニカル リペア ボンド ケアカラー
施術時間(目安)(※10)  :5 分+カラー所要時間





カラー施術と併用して行うトリートメントカラー特有のダメージをケアし、
髪を内側から補強・補修。カラーヘアを均一に、また、カラーの持ちをサポート。

■ボタニカル リペア ボンド ストレングス トリートメント
施術時間(目安)(※10) : 25 分




髪の損傷した結合に着目して開発された、ボタニカル ボンド テクノロジー (※4) により、
傷んだ髪を内側から補強・補修。輝きに満ちた健やかな髪へ導く、集中トリートメントメニュー。


※4 自然界由来成分とは成分の由来の大半が植物、非石油系ミネラルまたは水であることを意味します。
93% はプロフェッショナル製品の平均値です。
※5 配合成分は製品により異なります。 (ボンド トリートメント ライト リッチ に搭載) )
※10 サロン毎に異なります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)