エンタテイメント

眞鍋かをり&加治ひとみ&秋元才加が夏を元気に過ごす秘訣を披露。TOKYO FMホリデースペシャル『KINKATSU ENERGY for summer supported by ホクト』

TOKYO FM
~今年も夏こそ“きのこで菌活”!~ 2020年7月23日(木・祝) 11:30~14:55放送

TOKYO FMでは7月23日(木・祝)海の日の11時30分からTOKYO FMホリデースペシャル『KINKATSU ENERGY for summer supported by ホクト』(11:30~14:55 FM長野との2局ネット)を放送します。パーソナリティのKEN THE 390と高橋万里恵が、海の日にピッタリな心地よいサマーソングと心も身体も元気に夏を楽しむアドバイスをお届けします。ゲストには眞鍋かをり、加治ひとみ、秋元才加の3人を迎え、キレイと元気の秘訣を語るほか、占星術師・鏡リュウジによるこの夏を占うコーナーもあります。番組特設ホームページ(https://www.tfm.co.jp/kinkatsu2020/)では、この夏に取り組みたいことを「この夏、わたしの“〇活”」と題してリスナーからのメッセージを募集中。メッセージ採用者全員にQUOカード500円分をプレゼントします。夏を心で楽しむ3時間半。どうぞお楽しみに。


◆モーニングルーティンから美容法まで…元気の秘訣をみんなでシェアしよう!


「きのこなどの体に良い菌を積極的に食事に取り入れる“菌活”でエナジーをチャージ!元気で笑顔溢れる夏を送ろう!」というメッセージを発信する『KINKATSU ENERGY for Summer Campaign』は、日本で唯一のきのこ総合企業グループ・ホクトとTOKYO FMを始めとするJFN系列がタッグを組んで、2015年よりプロジェクトを推進しています。

7月23日(木・祝)11時30分から14時55分の3時間25分は『KINKATSU ENERGY for summer supported by ホクト』と題して、祝日を彩るサマーチューンをたっぷりオンエアします。パーソナリティはラッパーのKEN THE 390と高橋万里恵がつとめ、ゲストに眞鍋かをり、加治ひとみ、秋元才加を迎え、夏を元気にキレイに過ごすための秘訣を披露します。今行なっているモーニングルーティンや、ハマっている美容法、ベースとなる健康に欠かせない“きのこで菌活”、さらに夏に元気をもらえる“エナジーソング”など、この夏に押さえたい必聴トピックをお楽しみに。また、占星術師・鏡リュウジによるこの夏を占うコーナーもあります。

特別場組の放送に合わせて、TOKYO FM公式Twitterアカウント(@tokyofm)では7月23日(木・祝)の番組放送終了の14時55分まで、フォロー&リツイートキャンペーンを行なっています。アカウントのフォローと特定のツイートのリツイートをすることで、商品券1万円分など豪華賞品が当たるチャンスです。詳しくは番組特設ホームページ(https://www.tfm.co.jp/kinkatsu2020/)まで。

またTOKYO FMとFM長野では、特別番組に先駆けて、健康な身体作りのアドバイスを『KINKATSU Information きのこで菌活 ワンポイントアドバイス』として7月1日(水)から8月31日(月)までオンエアします。こちらのナビゲートは、高橋万里恵と綿谷エリナが担当。放送された内容は随時特設ホームページにアップされていきます。こちらも併せてご期待ください。


【番組概要】

◆タイトル: 『KINKATSU ENERGY for summer supported by ホクト』
◆放送日時: 2020 年7月23日(木・祝)11:30~14:55
◆出演: KEN THE390 高橋万里恵 眞鍋かをり 加治ひとみ 秋元才加 鏡リュウジ
◆番組サイト: https://www.tfm.co.jp/kinkatsu2020/
◆放送局: TOKYO FM・FM長野の2局ネット
◆提供: ホクト


菌活について



きのこなどの体に良い菌を積極的に食事に取り入れ、体の中から健康やきれいを目指し、もっとイキイキとした毎日を送ろう! という生活習慣のこと。菌は訓読みで「きのこ」。つまりきのこは菌そのものであり、 “菌活食材の王様”といわれます。

■ホクト株式会社について
ホクトはきのこの研究開発・生産・販売まで携わる日本唯一の「きのこ総合企業グループ」です。全国32のきのこセンターで生産した安心・安全で高品質なきのこをお届けするとともに、健康・美容に嬉しいきのこの魅力を発信し、おいしく健康的な「きのこの食文化」の創造と拡大を目指しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)