医療・医薬・福祉

手術後の傷あとケアテープ「アトファイン」に1.5cm以下の傷あとに適したSSサイズが新登場

ニチバン株式会社
貼るだけの簡単ケアで、傷あとを保護


ニチバン株式会社(本社:東京都文京区、社長:高津敏明)は、手術後の傷あとを保護する専用ケアテープ「アトファイン(TM)(Atofine(TM))から、内視鏡手術などによる1.5cm以下の傷あとに対応するSSサイズ[24枚入り/希望小売価格1,800円(+消費税)]を8月3日(メーカー出荷)から全国の病院内売店、調剤薬局、通信販売などで新発売します。



アトファイン(TM)は手術後の傷あとを、衣類との摩擦など物理的刺激から保護し、目立つ傷あと(肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)やケロイド)になることを予防する傷あとケア専用のテープです。既に1~20cmまでの傷あとのサイズに対応するS、M、L、LLサイズをラインアップしていますが、内視鏡下(腹腔鏡・胸腔鏡)手術の増加などにより、小さな傷あとにSサイズ(1~3cm用)を切って使用する患者さんも多くいらっしゃいます。傷の大きさに関わらず、小さくても目立つ傷あとになる場合があることから、「誰にでも簡単に長くケアが続けられる」という本製品のコンセプトのもと、1.5cm以下の傷あとに対応するSSサイズを新たに追加します。 

■製品特長
(1)貼るだけ簡単傷あとケア
・1.5cm以下の傷あとに対応できるSSサイズを新発売し、SS、S、M、L、LLの全5サイズをラインアップ。帝王切開から内視鏡手術まで幅広いサイズの傷あとに対応(20cmまで)。
・テープ1枚で皮膚の固定・保護ができ、衣服との摩擦や紫外線などの外部刺激から傷あとを守る。
・5~7日間に1回の交換で済むため手間がかからない。

(2)低刺激テープで肌にやさしい
・肌に優しい粘着剤を使用しているので、長時間貼っても刺激が少ない。また、はがす際も肌を傷めにくい。
・通気性が高いので汗をかいてもムレにくく、貼ったままの入浴も可能。
・タテにもヨコにも伸びにくく、しなやかな素材(ポリエステル織布)の採用により、貼っている間のストレスや違和感が少ない。

(3)ウェーブ形状ではがれにくい
・テープの“カド”を無くしたウェーブ形状で、刺激が少なく、はがれにくい。
SSサイズ形状

■製品概要
品名:アトファイン(TM)(Atofine(TM))
発売日:2020年8月3日 ※メーカー出荷
販売ルート:全国の病院内売店、調剤薬局、通信販売など
製品サイズ:SSサイズ 25mm×25mm(対応傷あとサイズ~1.5cm) 24枚入
希望小売価格:1,800円(税別)

■既存製品ラインアップ
Sサイズ 30mm×49mm(対応傷あとサイズ1cm~4cm) 12枚入
Mサイズ 50mm×114mm(対応傷あとサイズ4cm~10cm) 6枚入
Lサイズ 50mm×164mm(対応傷あとサイズ10cm~15cm) 6枚入
LLサイズ 60mm×214mm(対応傷あとサイズ15cm~20cm) 4枚入
希望小売価格:各1,800円(税別)
アトファインシリーズ

「ニチバンの術後ケア アスカブリック」シリーズ
当社は、「ニチバンの術後ケア アスカブリック」シリーズとして術後ケア製品を展開しています。今回新サイズを追加した外科手術後の傷あとケア専用テープ「アトファイン(TM)」に加え、術後早期の創管理に使用する「サージフィット(TM)」、皮膚接合用テープ「ファスナート(TM)」の3シリーズを展開し、術後ケアのトータルサポートを目指します。


縫合創用ドレッシングサージフィット(TM)
高吸水性繊維に開孔部を設けたパッドの採用により、高い吸水性と創部の視認性を両立した縫合創用ドレッシング剤です。テープ部には高透湿・低刺激のウレタンジェル粘着剤を使用し、貼付中のストレスやはく離刺激が少なく、皮膚にやさしいことが特長です。


・皮膚接合用テープ「ファスナート(TM)
外科手術後の創部の閉鎖に用いるテープです。濡れてもはがれにくい粘着剤を使用し、テープの角を丸くすることで高い「付着性」を実現しました。6サイズをラインアップし、用途に応じた使い分けが可能です。


■ニチバンの傷あとケア
手術直後の傷のケアから、手術後の傷あと(傷口が閉じたあと)のケアまで、「目立たない傷あと」を目指してサポートします。
https://atofine.jp/

※(TM)は商標です。

■消費者の方からのお問合せ窓口
ニチバン株式会社 お客様相談室
(フリーダイヤル)0120-377218
https://www.nichiban.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)