医療・医薬・福祉 インテリア・雑貨

小さな町工場から生まれた「with コロナ時代の必須グッズ発売のお知らせ」今、出来る事がある。医療従事者への負担を手前で食い止める。職人の魂を込めた『fintip』( フィンチップ) 発売開始。

BP株式会社
安心をお届けする為に、医療器具に近いイメージで心を込めて開発致しました。ウィルス感染を日々の習慣から防ぐ事で、あなた自身や大切な人を、ウィルスから守る。「新しい大人のマナー」

■『fintip』( フィンチップ) 開発の背景 新型コロナウイルス感染症が広がるこの状況の中で、今私たちができることは何かないかと考え開発に至りました。それは大切な人を守るための「~新しい大人のマナー~」自身の感染予防はもちろんの事「自ら広げない」新しい大人のマナーが必要だと思います。これからの明るい未来のために「大切な人を守りたい…」そういった強い気持ちから、大阪の町工場の職人達が知恵を出し合いサンプリングを重ね作り上げた形…。それが『 fintip 』( フィンチップ) です。


fintip
fintip QRコード

▼『fintip』( フィンチップ)
http://www.bp-japan.net/wp/?page_id=1679


■『fintip』( フィンチップ) の3 つの特長

1. 真鍮による抗菌効果
真鍮に含まれる銅イオンの微量金属作用には、細菌類を死滅させる性質があります。プラスチッ
クやステンレスの表面でのウィルス生存期間は48 ~ 72 時間なのに対し、銅の表面では約4 時間
と極端に短くなる事が指摘され、銅が新型コロナウィルス拡散防止に効果がある事が分かりました。

※銅イオンの作用について

2. 職人による一つ一つ丁寧な研磨仕上げ
職人の手作業で一つ一つ丁寧に磨き思いを込めております。これ以上の感染拡大を食い止めるべ
く町工場の職人たちが奮い立ちました。ハンドメイドで思いをお届けいたします。





3. 高級感漂う洗礼されたデザイン
ウィルスとの共存生活を続けて行く上で非接触アイテム『fintip』( フィンチップ) は、携帯電話
やキーケースなどと同様に生活の中の必需品になっていくかと思います。その為、永く持ち続け
たいと思えるデザインを考えました。名前の由来となっているfin とはサーフボードのフィンを
イメージしておりスタイリッシュに仕上げました。

(※fin= 垂直安定板( すいちょくあんていばん)「進行方向の安定を保つ」という思いを込めて)

■材質の違う2 種をご用意(1.真鍮タイプ・2.アルミタイプ)
・1.真鍮タイプ   →  高級感漂う大人の男性向けタイプ
・2.アルミタイプ  →  軽くて首下げ可能。気軽に持ち運べる女性向けタイプ



■『fintip』の概要
名称 ︓ fintip( フィンチップ)

発売開始日 ︓ 2020 年7 月14 日( 火)10︓00 発売開始
サイズ ︓ 縦40mm× 横94mm× 厚み3mm

販売料金 ︓
1.真鍮タイプ 3,850 円( 税込) ※男性向けタイプ
2.アルミタイプ 3,300 円( 税込) ※女性向けタイプ

材質  ︓ 1.真鍮      : 2.アルミ の2 タイプ
重量  ︓ 1.真鍮タイプ 40g : 2.アルミタイプ 16g
カラー ︓ 1.真鍮タイプ Gold : 2.アルミタイプ Silver

販売店 ︓ BP 株式会社( ビーピーカブシキガイシャ)


■販売サイト
amazon QRコード
・Amazon( アマゾン)
https://www.amazon.co.jp/dp/B08CV57C93/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=fintip&qid=1594619213&sr=8-4


BASE QRコード

・BASE( ベイス)
https://bp88.thebase.in


■今後の展開
真鍮タイプは使用しいてる内に銅サビがついてくる為、磨き直しも承ります。感染拡大予防を意識して長く持ち続けて頂ける方に届けたいという思いを込めて一つ一つ丁寧に製作致します。
※くり抜きのロゴ部分はオーダー可能で、ノベルティとしての注文も承ります。

企業名・団体名など、ご相談の上ご希望のロゴの切り抜き承ります。



HP QRコード

企業名 ︓BP 株式会社
URL  ︓ http://www.bp-japan.net/wp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)