出版・アート・カルチャー 美容・健康

脳活総研監修の脳エクササイズドリルが発売

株式会社脳活性総合研究所
認知症になる前に始める!脳エクササイズ本初、覚える部分を隠せる赤シート付き

株式会社脳活性総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:太田 芳徳、以下「脳活総研」)が監修した、脳エクササイズブックが2020年7月16日に学研プラスから発売されました。5種類25パターンの、バリエーション豊かなドリルを100日分掲載しており、毎日楽しく脳エクササイズができる一冊です。




本書の特徴


「脳検」の5つの検査項目(「数字の記憶」「言葉の記憶」「空間把握」「記憶と計算」「変化推理」)をベースとした、5種類25パターンのドリルを100日分掲載。毎日楽しく脳エクササイズができます。







認知機能検査「脳検」を誌上体験し、あなたの脳年齢がわかる「簡易版脳年齢診断」を収録しています。




脳エクササイズ本初!覚える部分を隠してドリルに挑戦できる赤シート付き。




脳活総研のコメント
65歳以上の4人に1人がかかると言われる認知症。
認知症は一度なってしまったら、根治は難しいとされています。
脳が健全なうちからの対策がとても重要です。
その認知症を未然に防ぐために脳の状態をチェックする検査が「脳検」です。
「脳検(脳活性度定期検査)」は、脳の認知機能を定期的にチェックし、認知機能の低下をいち早く把握するための検査です。
脳活総研が監修した本ドリルには、「脳検」の5つの検査項目(「数字の記憶」「言葉の記憶」「空間把握」「記憶と計算」「変化推理」)をベースとした、バリエーション豊かなドリルが100日分掲載されており、毎日楽しく脳エクササイズができる一冊となっています。
認知症対策は、40代から始めることが重要とされています。
この本に取り組みながらあなたも脳年齢を診断してみてください。

書籍情報
『認知症になる前に始める! 脳検版 脳いきいき100日ドリル-脳の認知機能検査会社監修の科学的な「脳エクササイズ」』
出版社:学研プラス
発売日:2020年7月16日
定価:1,000円(税別)
ムック:136ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/405611580X/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_zhtfFbGK52TNQ

脳活性度定期検査「脳検」について
URL https://www.nouken.jp/
検査名称 脳活性度定期検査(脳検)
検査方法 パソコン、タブレット、スマートフォンで受検
検査監修 三重大学医学部附属病院 認知症センター長 佐藤正之先生

以上

<会社概要>
会社名 株式会社脳活性総合研究所
代表者 代表取締役 太田 芳徳
所在地 東京都千代田区有楽町 2-10-1 東京交通会館 6F
設立  2019 年 2 月
事業内容 脳の活性度・認知機能を検査するテストの開発・販売
会社HP   http://nokatsusoken.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)