企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

安否情報確認システムによる健康管理がIT導入補助金2020に採択されました!

株式会社SBS情報システム
安否情報確認システム IT導入補助金事業2020 ITツール採択 Web個別相談会開催

株式会社SBS情報システム(本社:静岡市駿河区、代表取締役:渡邊治彦)が開発する安否情報確認システムによる健康管理は、IT導入補助金2020事業のITツールとして採択されました。


IT導入補助金2020(令和元年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業)は、 中小企業・小規模事業者等が生産性の向上に資するITツールを導入するための経費を一部補助することにより、 中小企業・小規模事業者等の業務の効率化を図ることを目的とした事業です。新型コロナウイルス感染者数が増加傾向を示す中、是非補助金を活用して安否情報確認システムによる健康管理を導入し、業務の効率化と体制の整備を実現しませんか?

IT導入補助金2020(令和元年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業)についての詳細はこちら。
https://www.it-hojo.jp/first-one/


IT導入補助金2020について



弊社はIT導入支援事業者として、補助対象となる 中小企業・小規模事業者に対して積極的にシステム導入の支援を行い、業務の効率化と働き方改革の実現をサポートします。




※ハードウェア費用は補助対象外。※事業実施効果報告は2022年から2024年までの3回。

安否情報確認システムによる健康管理は緊急時の安否情報確認に加えて、従業員の健康を管理できる機能を備えています。毎日の体温や健康状態を個人の携帯電話やスマートフォンで登録でき、スピーディに統計情報に反映できます。

安否情報確認システムによる健康管理の詳細はこちら。
https://www.sbs-infosys.co.jp/solution/medical/anpi-kenkou.html

上記の他、統合型電子カルテシステムPrimeKarte、および医療用文書電子化ソリューションPrimeReportもIT導入補助金2020事業の対象ITツールに採択されています。



補助金のお申し込みは2020年8月31日(月)までです。
病院業務の効率化や働き方改革に取り組むのであれば今がチャンスです!


Web個別相談会

IT導入補助金2020事業の対象ITツールに採択されたことを機に、Web個別相談会を実施します。




実施期間:2020年7月27日(月)~31日(金)
     10:00~17:00の間 1コマ30分(最終受付:16:30)
     ※平日のみの開催です。

対象システム:PrimeKarte、PrimeReport、安否情報確認システムによる健康管理、PrimeKarteMARCS
       ※IT導入補助金全般についてのご相談もお受けします。

利用ツール:Cisco Webexを利用
      https://www.webex.com/ja/index.html

申込方法:以下のフォームより予約したい日時を登録してください。
     ※Googleのアンケートフォームが開きます。
     https://forms.gle/Qdsds7GU1YC8beLk7

現在PrimeKarteMARCSについてもIT導入補助金ITツールへの登録を申請中です。
来院予約から診療までの事務作業をスムースにしたいとお考えの病院・クリニックの皆様は是非ご検討ください。


患者向け診療情報参照システムPrimeKarteMARCS でできること

・診療予約
・事前問診票の入力
・来院時の受付
・診療待ち情報の参照
・患者自身のオーダ情報、病名、アレルギー情報、検査結果の参照


この他にも様々な局面から病院・クリニックの業務効率化とサービス向上をサポートします。お困りのことがございましたらお気軽にお問い合わせください。


【株式会社SBS情報システム】
所在地   : 静岡県静岡市駿河区登呂3丁目1番1号
事業内容  : 医療機関向けシステム開発、システム構築、保守、システムインテグレータ
ホームページ: https://www.sbs-infosys.co.jp/ 
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)