ホテル・レジャー 医療・医薬・福祉

成田国際空港に導入・運用開始!GoToトラベルキャンペーンに伴う感染症対策としてデータスコープ社の「Face FC」が設置され運用を開始。

株式会社 データスコープ
旅行者の急増に夜感染症予防策として、7月22日より国内外の窓口である成田国際空港ではデータスコープの「Face FC」を導入・運用が始まりました。

GoToトラベルキャンペーン開始に伴うウィルス感染拡大防止策として、成田国際空港がデータスコープ 社の「Face FC」を導入し、運用が始まりました。 また、シャープ株式会社の関連会社シャープマーケティングジャパン株式会社と共同で運用をいたします。 これは、旅行や移動の拠点となる各地の公共機関にも既に導入されており、全国への導入支援を目指して参ります。


GoToトラベルキャンペーンの実施に伴い、成田国際空港の利用者数が急増しています。
同運営・成田国際空港株式会社(千葉県成田市・代表取締役社長 田村明比古。以下、成田空港)はウィルス拡散防止の水際対策として、データスコープ株式会社(東京都中央区・代表取締役 内田次郎。以下、Dスコープ)製の「Face FC」(A I顔検知(顔であることを検知・マスク着用検知)表面温度測定デバイス)を導入いたしました。
また、Dスコープはシャープ株式会社の関連会社シャープマーケティングジャパン株式会社ビジネスソリューション社(千葉県千葉市。以後、シャープマーケティング)と共同で空港関連施設への導入推進・運用を進めて参ります。

Dスコープの「FaceFC」は、各地の旅行や移動の拠点となる交通機関にも既に導入されており、今後、同社は全国への導入支援を目指しています。


初日となる7月22日、13時時点では、第3ターミナルだけでも約3000人を超える利用者が成田国際空港を訪れており、同空港では、これらの利用者に向けて、このデバイスによる温度検知を必須として館内アナウンスを実施しています。
「FaceFC」はセキュリティゲートの直前で全ての旅行者が利用し、空港職員による監視のもと、感染症拡散防止に大きく役立っています。



GoToトラベルキャンペーンで旅行客が戻る第3ターミナル



全旅行者がFaceFCの利用が必須となっている。(第3ターミナルの風景)
マスクを外すことなく温度と顔認証が可能




異常を検知するとランプで職員に通知する仕様となっている。

このような導入事例は、コロナ禍における新型コロナウイルス拡散予防にとどまらず、アフターコロナにおける「安心」と「新たな危機」に対する『ニューノーマル』、新しいスタンダードとして大小の交通機関における先駆者となると考えられます。

なお、Dスコープは旅行情報・地図情報事業大手の昭文社ホールディングス・株式会社マップル とも業務提携しており、旅行・移動等に関わる事業への導入支援を進めております。(当社6月30日プレスリリース参照)

このように、Dスコープは継続する特需に対応するため、技術活用における研究・導入の経験を、さらなるニーズに向けて貢献して参ります。


成田国際空港株式会社
https://www.naa.jp/jp/

成田国際空港公式ウェブサイト
https://www.narita-airport.jp/jp/


昭文社ホールディングス・株式会社マップル
https://mapple.com/
連携に関するプレスリリース(当社6月30日リリース)
https://www.datascope.co.jp/news/2020/0630.html


【弊社製品の導入に関するお問合せ】

問い合わせフォーム: https://forms.gle/sxtwZDSc7ben7K7A9

問い合わせメール:info@datascope.co.jp
関連リンク:
https://www.datascope.co.jp/



【「AI顔認証・温度検知端末」Face FCの紹介】

https://www.datascope.co.jp/facefc/






【株式会社データスコープに関して】

2018年11月に設立された画像認識とディープラーニングの研究・開発を行う会社です。
創業間もないベンチャー企業でありながら、長年、画像認識とディープラーニングの研究・開発を行ってきたエンジニアと、上場会社の取締役を歴任してきた経営陣が集まった会社です。

画像認識に関わるソフトウェアの開発を行いながら、合弁会社を共同で設立した台湾の鴻海集団、香港のPioneerTechnologyが持つカメラやセキュリティー関連技術を応用した装置やシステムを日本国内、米国、東南アジア諸国、韓国などに「D-Scope」ブランドのもと、販売をしていきます。


Dスコープは、これまでに各業界の大手企業との業務提携をしており、顔認証導入を業界のニーズに合わせて研究開発し、支援しています。

<主な業務提携パートナー>
医療機器、治療薬関連: 
E P Sホールディングス・株式会社イーピービズ

https://www.eps-holdings.co.jp/

業務機器、倉庫管理関連:
原田物産株式会社

https://www.harada-bussan.jp/

旅行・地図情報関連:
昭文社ホールディングス・株式会社マップル

https://mapple.com/


【会社情報:お問合せ】
社名:株式会社データスコープ
本社:東京都中央区日本橋浜町2-19-9 VCTビル3階
URL:https://www.datascope.co.jp/
Mail:info@datascope.co.jp
TEL:03-6661-6991/FAX:03-6661-6282
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)