スポーツ・アウトドア

北欧発の老舗メーカー・Suunto (スント) 。水中でのアドベンチャーに欠かせないダイビング製品 Suunto公式オンラインストア限定キャンぺーンスタート

アメアスポーツジャパン株式会社
Suuntoブランドの中でも歴史が深いダイビング製品。 この夏、公式オンラインストア限定でキャンペーンを行います。


1936年に北欧・フィンランドで誕生したSuunto。
1997年に世界初となる腕時計サイズのダイブコンピュータを発表し、
現在に至るまで世界中のダイバーに愛されている Suuntoのダイビング製品は、
信頼される技術とライフスタイルに寄り添ったデザインで、あなたのダイビングライフをサポートします。


HISTORY:世界中のダイバーからの信頼と評価

私たちは先駆的な冒険心で挑戦し続ける事を「Adventure (アドベンチャー) 」という言葉で表現し、
いつの時代も先駆者であり続けます。

1965年、英国出身のスポーツダイバーが、Suuntoのコンパスは水中でも計測可能であることを発見。
この思わぬ発見から、Suunto初のダイビングコンパス「SK-4」 が誕生しました。
長年の歴史の中で安全性、耐久性、機能性、信頼性を追求してきたことが、
今日に至るまでSuuntoのダイビング製品が多くのダイバーから絶大な評価を得ている理由です。

自分の信念と情熱を持ち、挑戦し続ける人のために

Suuntoのダイビング製品はダイビングを始めるあなたや、
ダイビングライフを楽しむあなたの水中でのアドベンチャーをサポートします。

Suunto Diveの特徴



1.安全性と耐久性
Suuntoのダイビング製品が機能的で精度が高く、頑丈であることは、
世界中のダイバーが何百回と行うテストダイビングをすることで、証明しています。

2.機能性
ダイビングに重要な機能はすべてデフォルトで搭載されていることに加え、
ストレスのない付け心地、簡単な操作、水中での見やすさを実現しています。
また、一部製品は必要に応じて情報をカスタマイズすることができ、
ワイヤレス接続、充電式バッテリー、アップデート可能なソフトウェアを搭載しています。

3.信頼性
すべてのSuuntoのダイビング製品は過酷さと美しさの2面性を持ったフィンランドで
長年製造されています。
最適な機能性とスタイルを持ち合わせており、ダイビング初心者から上級者まで使用可能です。

4.Suunto Appとの連携
Suunto Appとのデジタル連携によりダイブヒストリーを一元管理できることに加え、
ロケーション機能で記録したすべてのダイビングをマップ状で確認できます。
また、他のダイバーとも情報の共有が可能です。‪

Suunto公式オンラインストア限定
ダイブコンピュータ(ダイコン) 製品【Suunto Dive】購入キャンペーン


Suuntoダイブコンピュータ製品【Suunto Dive】はSuunto.comで購入可能です。
Sunnto.comで購入頂いた方には、この夏のダイビングライフにより寄り添いたい!という想いとともに
Suuntoオリジナルビッグタオルをプレゼントします。


*オリジナルビッグタオルはなくなり次第終了となります。
*サイズ:H700×W1400Suunto Dive製品ページ:https://www.suunto.com/ja-jp/Product-search/See-all-dive-products/

Suunto.comで最新ダイビング製品を!


あらゆるアドベンチャーに対応した製品は下記URLからチェック。
Suunto.com:https://www.suunto.com/


SUUNTO
スントは80年以上前にフィンランドで誕生した、登山、スキー、トレイルランニング、ダイビングをはじめとする
各種スポーツ計測器の主要メーカーです。その始まりは、今世界中で使われている液体充填コンパスの発明にはじまり、世界初のダイビング用コンパス、アウトドア機能を備えたアウトドアウオッチを初めて世の中に送り出しています。「世界でもっとも必要とされるスポーツインストゥルメントブランド」を目指し、スントは、その技術力をもとに活躍の場を広げています。



【本件に関するメディア関係者様からのお問合せ先】
アメアスポーツジャパン株式会社
SUUNTO (スント) ブランド https://www.amerjapan.com/brand/suunto

【本件に関する一般お客様からのお問合せ先】
スント カスタマーサービス TEL: 03-4520-9417
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)