出版・アート・カルチャー 美容・健康

日本テレビ系「世界一受けたい授業」出演の専門医による『世界一わかりやすい “下肢静脈瘤”の治療と予防』刊行

医学通信社
日本人の10人に1人が罹患!? ”下肢静脈瘤”のすべてがわかる1冊!

株式会社医学通信社は『世界一わかりやすい “下肢静脈瘤”の治療と予防』(齋藤陽/著)を2019年2月15日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売いたします。





●日本人の10人に1人が発症!? ”下肢静脈瘤”の実態

下肢静脈が正常に流れず,脚がむくみ,血管がボコボコと浮き出る病気──それが「下肢静脈瘤」です。
日本人の10人に1人,約1000万人が罹患していると言われており,多くの人がその症状に悩まされております。
軽症であっても,青く浮き出た血管やコブによって美容的に悩まされる方が多く,重症化すると様々な不快感を及ぼす病気です。


●日本有数の下肢静脈瘤の専門医

本書は,その下肢静脈瘤に関するあらゆる治療法に習熟し,3,000件以上の下肢静脈瘤手術を経験した日本有数の専門医である齋藤陽氏が,下肢静脈瘤の治療と予防法のすべてを「世界一わかりやすく」解説した一冊となっております。

【主な内容】
1.6段階の症状とセルフチェックの方法
2.診断方法
3.原因と機序
4.下肢静脈瘤ができやすい人と状況
5.治療法
6.日帰り手術と費用
7.予防方法
8.受診時の注意

特に下肢静脈瘤の6段階の症状に応じた治療法と予防法を中心として,全ページフルカラーでイラスト図解や写真を多数盛り込み,これ以上なく,見やすく・わかりやすく・明快に解説しています。


●日本テレビ系『世界一受けたい授業』にも出演

下肢静脈瘤の権威として知られる齋藤陽氏は先日2月9日放送の日本テレビ系『世界一受けたい授業』にも出演し,下肢静脈瘤に関する授業内容が大きく取り上げられました。
この放送をきっかけに,下肢静脈瘤についてもっと知りたいという方にも是非手にとっていただきたい一冊となっております。


●医療・看護・介護の現場でも注意すべき下肢静脈瘤

入院患者や在宅患者,妊婦など医療現場においても,下肢静脈瘤は注意すべき疾患の一つです。
弾性ストッキングによる圧迫療法と装着法,療養指導についても詳しく解説しているため,医療・看護・介護の現場でも必須の一冊となっております。













書籍情報




=============================================
●株式会社医学通信社(https://www.igakutushin.co.jp/

株式会社医学通信社は、保険医・病医院経営者・医療事務従事者などを中心に、広く医療関係者向けに書籍を発行している出版社です。雑誌『月刊/保険診療』や、『診療点数早見表』など多数の書籍を出版しております。
=============================================
●本件に関するお問合せ
株式会社医学通信社 販売営業部
【TEL】03-3512-0251
【FAX】03-3512-0250
【住所】〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-6 十歩ビル
【e-mail】it8@igakutushin.co.jp
=============================================
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会