企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

新型コロナウイルス感染症等のワクチンの世界的な研究開発の促進のためエピトープ予測データセットとソースコードを無償公開

フューチャー株式会社
フューチャー株式会社(東京都品川区、代表取締役会長兼社長 グループCEO:金丸恭文、以下フューチャー)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をはじめとする新型ウイルス向けワクチンの世界的な研究開発を促進するために、エピトープ予測データセットとソースコードを国際的なデータ分析コンペティションサイト『kaggle』(https://www.kaggle.com/futurecorporation/epitope-prediction)で無償公開したことをお知らせいたします。



ビジネスやプロジェクト、研究開発などへのAI技術の幅広い活用を推進しているフューチャーは、当社が保有する深層学習技術を活用し、国立大学法人大阪大学大学院医学系研究科、ファンペップ株式会社、アンジェス株式会社と共同で抗体誘導ペプチド推定AIによる次世代ワクチンの研究開発を進めています。

本研究開発の成果の一部を社会的に広く活用してもらう目的で、フューチャーは研究で用いたB細胞エピトープ予測用データセットと、そのデータセットを簡易に扱うためのソースコードを『kaggle』で無償公開しました。さらに、論文公開サイト『bioRxiv』(https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.07.27.224121v1)上にB細胞エピトープ予測についての研究成果をまとめた論文を公開しました。

今回のデータセット、ソースコード、論文の公開により、医学の知見を持たないAI研究者でも容易にワクチン開発用のデータにアクセスできるようになります。また、AIの知見を持たない医学研究者でも簡潔なソースコードに触れ、AIの中の処理を知ることができます。

フューチャーは、今後も価値のある成果をスピーディーに公開することで、異なる研究分野を繋ぎ、世界的なワクチン開発のスピード向上に寄与していきます。

(参考)
アンジェスと大阪大学が手掛ける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けDNAワクチン共同開発チームに参画
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000392.000004374.html

フューチャー、大阪大学、ファンペップの共著論文が第60回バイオ情報学研究会にて「SIGBIO優秀プレゼンテーション賞」を受賞
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000385.000004374.html

大阪大学、ファンペップと抗体誘導ペプチドを効率的に開発するAIについて共同研究https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000297.000004374.html

■フューチャー株式会社 概要
代表者:代表取締役会長兼社長 グループCEO 金丸 恭文
設立:1989年11月28日
URL:https://www.future.co.jp


■本件に関するお客様からのお問合せ先
フューチャー株式会社 Strategic AI Group 貞光
TEL : 03-5740-5721
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)