医療・医薬・福祉

デュアルカメラとシングルレーザーにより高精度な3D構築を実現するスマートプロファイルセンサ「MatroxAltiZ(マトロックスアルティス)」を販売開始

キヤノンITソリューションズ株式会社
キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤明、以下キヤノンITS)は、カナダ Matrox社製の3D光切断方式のスマートプロファイルセンサ「MatroxAltiZ」を2020年7月下旬より販売開始します。



                    「MatroxAltiZ」

近年、製造現場では生産設備の性能向上や検査品質の重要性の高まりから、ありとあらゆる生産設備にセンサが搭載され、生産状況の見える化、自動化による業務効率化、そしてデータ分析による歩留まりの改善に活用されはじめています。
キヤノンITSは、これまでも最先端のマシンビジョン製品を中心に、産業・医療業界に向けたソリューションを提供しており、この度、より精度の高い検査品質を目指すため、Matrox社製の高精度な3Dプロファイルセンサの提供を開始しました。

MatroxAltiZは、Vision System Design 2020 Innovators Awards(3D Imaging部門)を受賞した高精度な3Dプロファイルセンサです。このセンサの特長であるデュアルカメラとシングルレーザーの構成により、シングルカメラ構成でよく見られるスキャンギャップ(影)のような光学的な影響を大幅に低減できます。
センサ内にはMatrox独自のアルゴリズムが組み込まれており、2台のイメージセンサから得たピクセルデータをスマートに統合または選択し、さまざまなタイプの信頼度の高い3Dデータ(個別プロファイル、深度マップ、点群)を自動的に生成し、そのデータは画像処理・3Dデータ処理向けに活用することができます。

■3D光切断方式のスマートプロファイルセンサ「MatroxAltiZ」の概要
・Matrox独自アルゴリズムによりプロファイル、深度マップ、点群データを生成
・GigE Visionインターフェース準拠によりMILやサードパーティーソフトウェアと高い親和性
・Power-over-Ethernet(PoE)対応による簡易な接続
・IP67規格対応のアルミ製ハウジングとM12コネクタ装備により過酷な使用環境にも対応
・Windows/Linux用(*)Capture Worksによる簡単セットアップ
(*)2020年/秋 リリース予定


● 報道関係者のお問い合わせ先
企画本部 コミュニケーション推進部 コミュニケーション推進課
03-6701-3603

● 一般の方のお問い合わせ先
エンジニアリングソリューション事業部
03-6701-3450

● 画像処理ソリューションホームページ
https://www.canon-its.co.jp/solution/image/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)