出版・アート・カルチャー

【内臓脂肪ダウン、コレステロール低下、便秘解消、悪玉菌減少、美肌効果などに】ダイエットのプロが注目した“おからパウダーダイエット”とは?

株式会社扶桑社
試し読み公開中→http://fusosha.tameshiyo.me/9784594085643

おからパウダーをかけるだけで気軽に腸活&ダイエット。 2000人以上のダイエット指導を行ってきたプロのおいしくやせる100レシピを公開します!





 これまでに2000人以上のダイエット指導を行い、「大人のダイエット研究所」の代表理事も務める、管理栄養士の岸村康代さん。テレビでもたびたび取り上げられて話題となった岸村さんの人気著書『おからパウダーダイエット』が新装版として扶桑社より発売することが決定しました!

 ダイエットのプロである岸村さんが注目したのは、おからパウダー。岸村さんいわく「おからパウダーは、日本を代表するスーパーフード」だと言います。

●日本が誇るスーパーフード、おからパウダーはこんなにスゴイ●
【おからパウダーについて】


「日本人の食物繊維摂取量の推移」を見てみると……
 1947年に比べ、現在は摂取量が約半分に減ってしまっており、厚生労働省が定める食物繊維目標摂取量(女性18g、男性21g以上)に多くの人が達成できていないことが分かります。
 不足分の食物繊維はなんと、おからパウダー大さじ2~3杯分で補うことができます! おからパウダーは食物繊維を多く含んでいて、大さじ2杯でレタス約1個分の食物繊維が取れると言います。おからパウダーには食物繊維がたっぷり!


 また、食物繊維が多く含まれると言われているレタスやバナナ、ごぼうなどの野菜と比べてみると……
 おからパウダーはこんなに多くの食物繊維を含んでいることがわかります。

 このように、おからパウダーを1日大さじ3杯プラスするだけで日本人のほとんどが不足している食物繊維を補うことができ、脂質の代謝促進、内臓脂肪の燃焼、腸内環境改善などのダイエット効果が得られるのです。
 また、健康や美しさに欠かせない栄養素も豊富で、味にクセがないので、どんな料理とも好相性スーパーで気軽に購入することができ、ただふりかけるだけでOKという手軽さから、続けやすいのも魅力です。





1日5gの摂取で、脂肪が多い人ほど効果あり
腸活に必要な食物繊維が豊富
糖質の少なさと食物繊維のW効果で血糖値をコントロール
食前のおからパウダー習慣で満腹感&満足感に差が出る
生活習慣病予防にも効果的

などなど、本書ではおからパウダーのヒミツを詳しく解説しています!

●おからパウダーを使ったレシピを公開●
 本書では、からあげやハンバーグ、ポテトサラダなどの人気メニューからスイーツまで、普段の食事に気軽においしくおからパウダーを取り入れられる100のレシピを紹介。新装版は、おからパウダーの粒子のタイプ<粗め><細かめ>をすべてのレシピに表記し、よりおいしく食べられるレシピになっています。


おからパウダー 鶏からあげ風
にんじんとおからのポテトサラダ風
おからホワイトソース
グルテンフリーお好み焼き
おからパウダー パンケーキ

岸村さんが試行錯誤を重ねてたどり着いた自信作をたっぷり紹介。
おからパウダーダイエットは、誰でも気軽に始めることができるのでぜひ試してみてください!

■著者プロフィール
岸村康代(きしむら・やすよ)



管理栄養士/フードプランナー。一般社団法人大人のダイエット研究所 代表理事。野菜ソムリエ上級プロ。大妻女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業。メタボ指導の現場で数々のダイエットを成功させる。今までに2000人以上のダイエットを指導。現在は、商品開発、講師、メディア出演など多方面で活躍中。日本人に不足している食物繊維をナチュラルにおいしく摂りながら、内面からの健康を目指す「繊活」を推進している。


■書誌情報
タイトル:『いつもの料理にかけるだけ新装版 おからパウダーダイエット』
著者:岸村康代
発売日:2020年7月30日
判型:A5判
定価:本体1200円+税
ISBN:978-4-594-08564-3

■購入リンク
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4594085644/
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16391109/

■本書の内容、取材などについては下記へお問い合わせください
株式会社扶桑社 宣伝部 PR担当
Mail:fusoshapr@fusosha.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)