出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

訪問サービスのついでに15分のサービスを提供する「ワンケアプラス」や、同窓会への外出支援も。介護保険外の「自費サービス」で多種多様なサービスを提供する事業所たち

株式会社世界文化ホールディングス
2020年7月30日(木)サービス提供責任者・ホームヘルパーのための本『へるぱる 9・10月』

7月30日(木)発売の『へるぱる 9・10月』では、介護保険の範囲外で訪問介護事業所が独自に提供する自費サービスについて特集。また、介護現場での緊急時に備えるための事前対策についてまとめました。




■今こそ見直そう!自費サービス
訪問介護利用者に対して、介護保険ではできないサービスを提供する自費サービス。草むしりや利用者家族の分の調理など、身の回りのより細やかな要望に応えられるほか、「なじみの喫茶店でコーヒーが飲みたい」「美容院に行きたい」といった願望を実現させることで、利用者の生きがいにもつながります。今号の特集では、院内介助など、多くの事業所が対応しているサービス以外にも、利用者のニーズに合わせ、様々な形で取り組んでいる実例を紹介します。




<自費サービスを始めるうえで押さえておくべきこと>


常に「利用者が今後も安全に暮らせるために」を考える
新しいニーズへの対応&新しいサービスの創出
ホームヘルパーの負担に対する配慮
ケアマネジャーなどに積極的に提案を


今後、利用者のニーズの変化から依頼内容も変化していくと考えられます。料金設定や依頼を受けるときに注意すべき点など、これから自費サービスを始めたりサービスの見直しをおこなう際に、事業所や訪問介護職が押さえておくべきポイントを取り上げています。




■利用者を危険から救い、介護職のメンタルを守る「アクシデントの事前対策」
体調の急変、事故やケガなど、介護現場で緊急時はどうしても生じるもの。しかし、アクシデントが発生した際に訪問介護職が利用者を思って行動したことが裏目に出てしまい、中には住居侵入罪、器物破損罪などの罪に問われたり、家族からのクレームに発展したりするケースも発生しています。
こうしたトラブルを未然に防ぐためにも、緊急時の対応について事前にできることを見直す必要があります。「契約時の取り決め」「緊急時に対応できる心と知識」の2つの切り口から、訪問介護職ができること、知っておきたいことを紹介します。


<目次>
・今こそ見直そう!自費サービス
・利用者・家族・ホームヘルパーの安心につながる「緊急時は起きる前の対応で決まる」
・早めに気づきたい「高齢者の低栄養」ホームヘルパーにできること
・やってしまいがちな実例で考える「介助術」
・「自立支援」と「重度化防止」の観点で読み解く老計第10号
・働きやすい職場づくり
・事例から考えるあいまいゾーン
・高齢者の薬&生活への影響
・障害のある人への支援
・介護保険制度をはじめ気になる話題をお届け!「知っとこ!介護ニュース」
・こうしたらうまくいった!「ホームヘルパー奮闘体験」
・実例でわかる、応用できる!「訪問介護の書類の書き方」
・切り取って使えます!「季節の野菜+たんぱく質のお助けレシピ」 他




<刊行情報>
『へるぱる 9・10月』
■発行:世界文化ライフケア
■発行・発売:世界文化社
■発売日:2020年7月30日(木)
■定価:1,764円+税
■公式HP:https://helpal.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)