美容・健康

フィットネス施設に於いてもマスクを着用して安全に運動を

一般社団法人日本フィットネス産業協会
(一社)日本フィットネス産業協会がフィットネス関連施設におけるマスクによる熱中症予防の指南書を提案

コロナ禍と向きいあいながらも、健康な日常を過ごすためには適度な運動を継続することで免疫力や抵抗力を高めることは、いよいよ大切なこと。マスクを着用しての運動時の熱中症予防のための取り組みをわかりやすく解説。


屋内運動施設の環境に特化したマスクによる熱中症予防対策
 一般社団法人日本フィットネス産業協会(以下FIA)は、このほど、
屋内運動施設において運動中にマスクを着用する場合の熱中症予防の指南書を公表した。
新型コロナウィルス感染が再び拡大傾向になりつつも、社会活動は感染予防策を講じながら徐々に再開されており、民間や公共の運動施設に於いても、緊急自体宣言に伴う関連施設の休業を受けて離れていた利用者が戻り始めている。
 一方で第二波にもつながりかねない感染が首都圏をはじめ全国で広がり始めている中、民間のフィットネス施設を中心に運動時に於いても、まだまだマスクは手放せない状況にある。
 マスクを着用して運動することについては、呼気による飛沫感染を抑える手段である反面、熱中症や呼吸障害などの危険性が指摘され、実際にそうした事例も報告されている。
 こうした状況を受けて、このほどフィットネス関連施設における業種別ガイドラインを作成・管理するFIAが、運動時のマスク着用による熱中症予防に関する留意点をわかりやすく取りまとめた指南書を発行し、事故の防止を施設管理者並びに利用者向けに呼びかけることとした。
 本監修は、大阪府医師会健康スポーツ医学委員会委員長である岡田邦夫氏に依頼。
 熱中症予防に向けて、こまめな水分補給や、状況に応じてマスクを外して呼吸を調えるなどの、臨機応変な対応や、運動に適したマスクの着用などについてまとめ、提案している。
緊急事態宣言解除後、FIA加盟のクラブに於いては業界ガイドラインを徹底することで、まだ感染事例はない。
 免疫力と抵抗力を身につけるためには適度な運動が不可欠である。感染予防対策の徹底されたFIA加盟クラブに安心して足を運んでほしいと、FIAは呼びかけている。

尚、本指南書は以下のURL からダウンロードが可能です。フィットネス感染施設を管理する方々はもちろん、運動を実践されている一般の方も目を通し、是非ともこの情報を広げてください。
https://www.fia.or.jp/public/19923/

 

(お問い合わせ)
一般社団法人日本フィットネス産業協会
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-2-3第三櫻井ビル6階
TEL:03-5207-6107
e-mail: info@fia.or.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)