ネットサービス・アプリ 美容・健康

宅トレLIVEアプリ 「WEBGYM LIVE」がメジャーアップデート!業界初の「チャット機能」を搭載!

株式会社東急スポーツオアシス
~ 運動しながらチャットで繋がる!新しい形の自宅トレーニング体験~

会員制総合フィットネスクラブの運営を行う株式会社東急スポーツオアシス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:粟辻 稔泰、以下 オアシス)は、オアシスが運営するスタジオレッスンLIVE配信アプリ『WEBGYM LIVE』のiOS版にて7月31日(金)にメジャーアップデートを行い、新たに「LIVEチャット機能」を搭載いたします。  『WEBGYM LIVE』は、“いつでも、どこでも、ジムのレッスンをご自宅に”をコンセプトに、「LIVE」でスタジオレッスンに参加できるアプリです。



■今回の新機能について

新しく搭載する“チャット機能”では、レッスンに参加しながら、ワンタップでのリアクションやコメントの入力ができます。また、レッスン中に感じている気持ちやカラダの変化などをチャットに入力したり、インストラクターの指導に対してリアクションすることも可能になりました。さらには、他の参加者のコメントを閲覧することもできるので、気になるコメントにはリアクションをし、オンライン上で参加者同士が繋がりを感じることができます。
インストラクターとしても、参加者のリアルタイムなリアクションやコメントから、動きや指導への参加者の反応が確認できるので、双方向のコミュニケーションを取りながら、リアルレッスンと近い感覚でプログラムを提供することが可能になります。



                   iPhone版 チャットイメージ

                    iPad版 チャットイメージ
■機能開発の経緯

2020年3月より、『WEBGYM LIVE』は、レッスンスケジュールを増設し、より多くの自宅トレーニングコンテンツを提供して参りました。しかしながらリアルクラブのように、インストラクターやお客様同士のコミュニケーションが容易にとれる環境化ではありませんでした。そこで、『WEBGYM LIVE』のオンラインレッスン内では、アプリケーションならではの方法で、自身が動きながらも簡単に入力でき(ワンタップ)、チャットへのリアクションがとれるUI/UXの提供を目指して参りました。このチャット機能をご活用いただき、「運動をする楽しさ」をリアルタイムに共有し、他の参加者との「繋がり」を感じられる新しいフィットネス体験をご提供することで、自宅でも継続してトレーニングに取り組める参加者のモチベーションアップを図ると共に、LIVEレッスンの拡張性と可能性を広げていく事を目指し、今回の新機能の開発に至りました。


■今後展開について

今後もオンラインフィットネスの可能性を広げながら、積極的なアップデートや新機能の開発。さらに、LIVEレッスンやトレーニングを通した運動効果に加え、「新しいフィットネス体験」によるインストラクターや参加者同士の「繋がり」・「楽しさ」を提供することで、これから進むであろう「新しい運動様式」に対応しながら、多くの方の心身の健康に寄与するような開発を進めて参ります。

■WEBGYM LIVEアプリ概要
名称:WEBGYM LIVE(ウェブジムライブ)
利用料金:月々1,950円(税込) *別途パケット通信料がかかります
対応端末:Android端末(Android要件6.0以上)、iPhone、iPad(対応OS:10.0以上)、Apple watch、Apple TV
※iOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
Android版:http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.sportsoasis.webgymlive
iOS版:https://apps.apple.com/jp/app/webgym-live/id1416694560
WEBGYM LIVE HP:https://www.sportsoasis.co.jp/webgym_live/


■会社概要
商号:株式会社東急スポーツオアシス
代表者:代表取締役社長 粟辻 稔泰
本社所在地:東京都渋谷区道玄坂1-10-8 渋谷道玄坂東急ビル
主な事業内容:会員制総合フィットネスクラブの経営・企画・運営、ホームフィットネス商品開発、スマホApp開発・運営

URL:https://www.sportsoasis.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)