美容・健康 ネットサービス・アプリ

心のセルフケアアプリ Awarefy を提供する株式会社Hakali、「自分自身との関係性」を測る指標「セルフ・リレーションシップ」を開発

株式会社Hakali
200人超のサーベイと因子分析などを経て設計・開発。「セルフ・リレーションシップ」の診断を行うアセスメントツールを「Awarefy」に搭載。

株式会社Hakali(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長 小川 晋一郎、以下 Hakali)は「自分自身と良好な関係を築けているか」を測る独自の指標「セルフ・リレーションシップ(TM)」を開発しました。セルフ・リレーションシップの診断機能は、心のセルフケアアプリ「Awarefy」に搭載されています。AwarefyのiOS版は AppStoreにて、Android版は Google Play(Play ストア) にてダウンロード可能です。






公式サイト:https://www.awarefy.app
AppStore:https://apps.apple.com/jp/app/apple-store/id1513802951
GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=app.awarefy.awarefyapp


◆ セルフ・リレーションシップのアセスメントについて

セルフ・リレーションシップは 4因子・16項目からなる設問に回答することで測定できます。

設問は「今やっていることは何かの役に立つと信じている」や「自分のことについて、つい嘘をついたり脚色してしまう」といった、自分自身に対する認識や行動を中心とした内容です。

回答画面と診断結果画面

測定結果として、各因子ごとのスコアと、全体のスコアが求められます。

セルフ・リレーションシップの診断を行うアセスメントツールは、Awarefyに搭載され、アプリ内ではスコアに応じたアドバイスの提供も行われます。


◆ セルフ・リレーションシップ開発の背景

Hakaliは、2020年5月に、「毎日の気づきを増やす」をコンセプトとした、心のセルフケアを気軽に行えるスマートフォンアプリ「Awarefy(アウェアファイ)」をリリースいたしました。Awarefyは、精神疾患や心の不調が増加しているという社会問題を背景に、良質なセルフケアの機会を提供することが人や社会が豊かさを獲得することに繋がるという考えのもと、開発が進められています。

Hakali では、Awarefyの開発と並行し、Awarefyをはじめとする企業活動をつうじて、人々に提供したい価値 = 「毎日の気づきを増やす」ことのアウトカムとしてなにを目指すかを検討して参りました。そのひとつとして「自分自身と良好な関係を築けるようになること」を定めました。

社会や他者との良好な関係を築くという前段として、自分自身と良好な関係である必要があるのではないか。これがHakaliの立てた仮説であり、Hakaliが「自分自身との関係性」を測る指標の研究開発に着手した経緯です。

なお、指標の開発にあたり2020年4月から2020年5月にかけて約270名の方にアンケート形式のサーベイを実施いたしました。また、サーベイ結果の分析と指標の開発にあたり、早稲田大学人間科学学術院熊野宏昭研究室(※)からのご指導とご助言をいただきました。

※早稲田大学 人間科学学術院 熊野宏昭研究室について
同研究室では、精神医療と身体医療の双方に臨床心理学を適用し、マインドフルネスやアクセプタンスを含む「新世代の認知行動療法」によって、短期間で大きな効果を上げることを目指した研究などを行っています。Hakali は、Awarefyの開発にあたり同研究室との共同研究を実施しております。


◆ Awarefy(アウェアファイ)について

Awarefyは、「毎日の気づきを増やす」をコンセプトとした、心のセルフケアを気軽に行えるスマートフォンアプリです。2020年5月より App Store および Google Play Store で公開中です。


公式サイト:https://www.awarefy.app
AppStore:https://apps.apple.com/jp/app/apple-store/id1513802951
GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=app.awarefy.awarefyapp





対話するようにチャットボットに感情やコンディションを記録することで、自分の感情や状態を見える化することができます。毎週届く感情レポートを元に、自分でも知らなかった思考や感情の傾向に気づくきっかけを得られます。また、現役のマインドフルネスインストラクターや公認心理師・臨床心理士が執筆・監修したオーディオガイドも多数搭載されており、ストレスを和らげたり集中力を高めたりといった効果に注目が集まっている「マインドフルネス瞑想」を実践したり、心の働きについて学ぶことができます。

今後、Awarefyにセルフリレーションシップ診断とモニタリング機能を搭載いたします。ユーザーのセルフ・リレーションシップ診断の結果に着目しながら、Awarefyユーザーが、日々アプリを使うことでセルフリレーションシップの向上に寄与できるようアプリを設計して参ります。


■ Hakaliについて
Hakali は、「データを活用し、気づきの総量を増やす」をミッションに、デジタルトランスフォーメーション推進やエンタープライズ向け新規事業立ち上げ・推進支援などを行っています。Awarefy は、Hakali のミッションに合致する重要な事業のひとつという位置づけです。今後、Awarefy をつうじてユーザーに価値を提供するべく、アプリの機能拡充にとどまらず、さまざまな事業展開を行ってまいります。

本件に対するお問い合わせ先
株式会社Hakali Awarefy事業部 小田
Email:support@awarefy.app
企業URL : https://hakali.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)