ビジネス・コンサルティング

デロイト トーマツとグローバルへルスコンサルティング“ファイナンス×医療ビッグデータ”分野で協業

デロイト トーマツ グループ
地域医療の課題解決に向け、政策提言から病院経営支援、経営承継や再編などのファイナンシャルアドバイザリーサービスまで一気通貫に対応

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(東京都千代田区、代表執行役社長 福島 和宏、以下DTFA)は、株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(東京都新宿区、代表取締役社長 渡辺 幸子、以下GHC)と医療経営コンサルティング分野における協業に関する契約を締結しました。これにより、DTFAは、GHCと双方の強みを融合し、我が国の既存の医療経営コンサルティング業界になかったファイナンスと医療ビッグデータの組み合わせによる新たな医療機関向け総合サービスを、2020年8月3日から提供開始します。


超高齢化社会を迎える日本においては病院経営の観点だけでなく地域医療の維持・向上のためにも機能再編を含めた病院の再編は避けては通れない課題です。デロイト トーマツ グループは、これまでも政府、自治体、医療機関、民間企業に対して、様々な医療経営/医療政策に関連するアドバイザリーサービスを数多く提供してきました。近年では、グループの多様なプロフェッショナルが連携して地域医療の持続的な発展に貢献する最適な形としての“機能再編・建替”や医療従事者の新しい“働き方”を統合的に支援する等様々なサービスを展開しています。このうちDTFAにおいては医療機関の経営承継や地域内再編の支援、統合後の事業計画策定支援、病院建替等にかかる不動産ファイナンス支援といったファイナンス領域を得意分野としています。

一方、GHCは、医療経営コンサルティングを専門とする我が国有数のコンサルティング会社であり、全国トップシェアを誇るDPC(包括医療費支払制度)データ分析ツールから得られる医療ビッグデータを駆使したコンサルティング、同コンサルティングノウハウを凝縮させた病院経営分析ツール、さらに医療政策と病院経営に特化した対外発信の展開、国内外の最新情報に基づく学術研究の取り組みなどで国内トップクラスの実績と知見を有しています。

DTFAとGHCは、今回の協業を通じ、我が国の医療の健全な発展に寄与していく使命をもって、DTFAが知見を有する医療機関向けのファイナンシャルアドバイザリーサービスと、GHCが強みを持つ医療ビッグデータによるベンチマーク提供なども含むコンサルティングサービスを発展的に統合し、地域医療と医療周辺産業の抱える課題を多面的に解決する将来像を描きながら、病院の経営支援や再編を一気通貫で迅速に支援します。

今後は互いが連携し、ファイナンスと医療ビッグデータが融合された以下のような機動的な支援サービスを強化していきます。


医療ビッグデータ解析による地域医療の機能分化を踏まえた病院再編、統合、経営承継支援
データ活用によるデューデリジェンスの高度化等、病院の経営承継プロセスの効率的かつ効果的な支援
医療ビッグデータを活用した病院周辺産業(製薬、医療機器その他)との連携による医療高度化、効率化支援/新規事業創出支援
地域医療における対象病院のあるべきポジショニングを踏まえた病院建替構想、経営計画の立案支援と
不動産ファイナンス支援(第三者の資金を活用した開発型投資ストラクチャー組成支援、病院不動産のオフバランス化による財務基盤強化支援)の組み合わせによる病院建替支援
データ活用による医療法人事務部門や金融機関・病院周辺産業における病院経営モニタリング機能の構築、運用両面での強化支援


【株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンの概要】
会社名: 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(https://www.ghc-j.com/
所在地: 〒160-0022 東京都新宿区新宿六丁目27‐30 新宿イーストサイドスクエア5F
代表取締役社長: 渡辺幸子
会 長: アキよしかわ
設 立: 2004年3月
主な業務内容: 医療経営コンサルティング、経営分析システム提供
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)