食品・飲料

山梨県北杜市・株式会社はくばく 地域活性化に関する包括連携協定を締結

株式会社はくばく
穀物のリーディングカンパニー株式会社はくばく(本社:山梨県中央市、代表取締役社長:長澤 重俊)は、山梨県北杜市(市長:渡辺英子)と、8月4日(火)に「食と健康」を核とした地域活性化に関する包括連携協定を締結いたしました。北杜市が目指す北杜のお宝である安全・安心な「食」を通じた市民の健康づくりの推進と、株式会社はくばくの地域貢献として健康食の価値向上を図ることを目的としています。



株式会社はくばくは、「麦こそ健康の源」という想いのもと、大麦を中心とした穀物の第一人者として、おいしさと健康を追求した商品づくりを進めてまいりました。現在は、大学や他の企業、研究機関と連携を図る中、大麦を活用した食後血糖値の上昇抑制や腸内環境の改善など、健康機能性に着目した研究を行い、健康効果の実証に向けた取り組みを推進しております。

北杜市は、近年、生活習慣病、特に糖尿病患者が増加する状況の中、北杜市が目指す市民一人ひとりが一生涯健康で幸せに暮らすことができる「健幸北杜」を推進し、市民の食の改善を通じた健康づくりのサポートをはじめ、子どもたちが北杜市の「おいしい食」を魅力として気づき、一生涯暮らし続けたいと思う心「愛郷心」を育むための、様々な取組を展開していく上で、ステップアップの鍵はやはり「市民や企業との連携・協働」です。

本協定に基づき、北杜市と株式会社はくばくが力を合わせることで、北杜市民の食から健康に向けた取り組みの推進を中心に、さらなる地域活性化を目指してまいります。

■包括連携協定の主な内容
(1)市民一人ひとりが、一生涯健康で幸せに暮らすことができる食の改善を通じた健康づくりのサポートに関する取り組み
(2)子どもたちが、北杜市の「おいしい食」を魅力として気づき「ふるさと北杜」を愛し、一生涯暮らし続けたいと思う心を育むための取り組み
(3)「食と健康」に関する地域住民への啓発活動
(4)本協定による取り組みを全国に向けて発信することによる、北杜市及び株式会社はくばくの知名度の向上を目指した取り組み
(5)持続可能な開発目標(SDGs)「3 すべての人に健康と福祉を」の達成に向けた取り組み
(6)地産地消の推進に向けた取り組み
(7)その他本協定の目的を達成するために必要な取り組み
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)